「再生アート(廃棄物アート)」その24 ~展覧会の光景~

こんにちは。

eikiです。

 

「再生アート展覧会」が無事、7月末終了しました。

ご覧いただきました皆さまに心から感謝申し上げます。

また、会場をご提供いただきました株式会社andさま、ありがとうございます。

 

以下に、展覧会光景と報道記事を記します。

 

 

 

 

内容:廃材物だけで作成した「再生アート(箱アート)」130点を展示。

期間:2021年7月24日(土)~7月31日(土)10時~16時

会場:株式会社andオープンスペース(富山市新庄本町1丁目5-24)駐車場有(県道41号線沿いです。古城モータース様すぐ。チャンピオンカレー様の隣)

グーグルマップ クリック→https://goo.gl/maps/c4phrF7pTXpNGc5FA

 

今回は、会期中の展覧会の光景と報道をご紹介します。

 

 

1.展覧会の光景

 

 

「再生アート」:インスタグラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.富山新聞社さまの報道

 

【記事】

「再生アート展示」

 解体業のエイキ(富山市)の「再生アート」展覧会=写真=は24日、同市新庄本町1丁目のandオープンルームで始まり、空き家などの解体現場で出た廃材を活用した作品約130点が来場者の興味を引いた。
 木材の破片や電化製品の部品、雑誌やポスターの切り抜きなどを組み合わせて小箱に収めた再生アート作品が並んだ。エイキ専属アートの黒田清さんが制作した。31日まで。

 

 

3.チューリップTVさまの報道

 

 

【TV動画】

 

クリック
環境について考えるきっかけに…“再生アート”とは

(2021年7月26日 16:49
 
 
【記事】
 
 富山市の解体業者が解体現場から出る廃棄物を使ったアート、「再生アート」の展覧会。

 一つ一つの小さな箱の中には、それぞれ不思議な世界が広がっています。

 愛嬌たっぷりのロボットの顔も、謎めいたカギの集合体も全部、廃棄物を利用していて、「再生アート」と名づけられています。

 この「再生アート」の展覧会を開いたのは、富山市の解体業「エイキ」で「再生アート」は、系列会社に働く黒田清(くろだ・きよし)さんが考案し、作品製作に取り組んでいます。

 使う材料はすべて解体現場から分別作業のため「エイキ」の作業場に集まってきたもので、廃棄寸前のものばかりです。

 再生アーティスト・黒田清さん「これ昔の人がきっと大事に使ってたんだろうと、そういうのをまた捨ててしまって燃やしたり埋めてしまうよりは何かを作ってみたいと、そういう思いですね」

 訪れた子どもたちにお気に入りを聞いてみると。

 「海の生き物が並んでいてとてもかわいいなと」「葉っぱが砂浜をイメージしていてきれいだなと思ったからです」「もともとは捨てられたゴミだったのに再利用されていて、ゴミたちがよかったなと」

 この会社では、自分たちの仕事から再利用や地球の環境問題に関心をもってもらおうと、持続可能な開発目標「SDGs」の観点からも、「再生アート」を広めていきたいとしています。

 再生アーティスト・黒田清さん「自分たちの小さな会社でも何ができるかっていうところで、こういう再生アートだと。小さいことで十分じゃないかと思うんです、SDGsを考えるとき。いろんな家にあるもう使わなくなって捨てようかと思うものを接着剤で(箱に)貼っていただいて壁にでも飾っていただければすごくうれしいです」

 この展覧会は今月31日まで開催されています。

 
                        
以上
 
 
 

再生アートとは?

 

※「再生アート」とは

解体現場から当社エイキに集まってきた解体副産物(廃材・廃棄物)。
この廃材だけで作るアートを「再生アート」と名付けました。

 

解体は、一般的には次の順序で進みます。

1.建物を解体する。
2.排出された解体副産物(廃材・廃棄物)を収集する。
3.素材ごとに分別する。
4.リサイクルできない物は中間処理(減量化)をした後に最終処理(焼却・埋め立て)する。
5.リサイクルできる物は資源再活用する。
6.解体で生まれた更地は、再活用する。

 

不要になった物を作品という形に再生することで、物が持つ存在感に気づいていただきたいという願いから、日々再生アートを作成しております。なお、「再生アート」の中でも、定まった大きさの箱にアートを閉じ込めたのが「箱アート」です。

建物を解体する弊社エイキの役割は、「あるもの(存在)」を「なくする(無)」ものではありません。
未来のために有意義な土地を新たに「生み出す(再生)」ことだと思っています。

「再生アート」も、廃棄物を作品として再生させたいという思いで作成しております。

 

 

 

「再生アート(廃棄物アート)」今までのブログ一覧

 

ご興味を持たれましたタイトルをクリック願います。

 

・再生アート その1 あらゆる物から作り出されるアートをエイキが試作
・再生アート その2 分別世界を撮る
・再生アート その3 物質の群れ はく奪された意味
・再生アート その4 新作、できました
・再生アート その5 宇宙からのメッセージ、ただいま受信中
・再生アート その6  Inspired by the movie ‘Arrival’, We created a message receiving device from the universe in Japan.
・再生アート その7 箱アート:音楽を封じ込める
・再生アート その8 箱アート:新作展示
・再生アート その9 箱アート:黄色を基調
・再生アート その10 箱アート:時代/文芸
・再生アート その11 箱アート おもちゃ箱 
・再生アート その12 箱アートを作る手順は2通り
・再生アート その13 箱アート:野球シリーズ
・再生アート その14 箱アート:夏の終わりの新作
・再生アート その15 箱アート:組み合わせの妙
・再生アート その16 箱アート:素材についてと新作
・再生アート その17 箱アート:梅雨の新作
・再生アート その18 箱アート:創作体験に参加した
・再生アート その19 箱アート:TV放映と秋の新作
・再生アート その20 箱アート:冬の新作
・再生アート その21 箱アート:春の新作
・再生アート その22 エイキのロゴマーク特集
・再生アート その23 展覧会のお知らせ 
・再生アート その24 ~展覧会の光景~

 

 

富山県、石川県の解体は 有限会社エイキへ

 

【連絡先】

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせ画面→「有限会社エイキお問い合わせ

使い終わった空き家お売りください→空き家レスキュー119番

解体動画を見るならココ!→ 「エイキIT事業部公式チャンネル

LINEでのお問い合わせも可能です!→「エイキ公式LINE友達追加

 

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

 

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

 

 

 

 
 
 
 


EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram