「再生アート(廃棄物アート)」その21 ~ 箱アート:春の新作 ~

こんにちは。

eikiです。

 

 

春の新作をネットで展示します。

 

再生アート(「箱アート」)、春の新作

 

 

廃材で作成しました「箱アート」をご覧くださいませ。

 

 

【電極土偶】

(土偶が何体もあるかのように見えてきました)

 

 

【銀と黒】

(この箱の中は磁気が渦巻いている気がします)

 

 

【魔法薬サンプル】

(背景があった方が良かったですかねえ)

 

 

【黄と茶のパイプ】

(構図を考える時間が作る時間よりも長かったです)

 

 

【ニューヨーク1920】

(再生アートを作り初めのときから利用したかったビルの光景です)

 

 

【左右対称タイヤ】

(手が動くままに作りました)

 

 

【かもめのジョナサンの飛行技術】

「かもめのジョナサン」という本が40年くらい前に流行っていました)

 

【標本箱の試薬】

(もっと実験室っぽくしたかったです)

 

 

【反逆する黄色】

(丸にこだわりました)

 

 

【太陽光スピーカー】

(丸い部品を付けるとき、接着剤がはみだして困りました)

 

 

【海岸シリーズ3点】

(廃棄物のヤードでクレパスを発見しました。
古い雑誌のHITACHI広告ページの破れた部分をクレパスで塗りました)

 

 

【空と砂浜】

(星は昼間でも空にあります。太陽が明るすぎて見えないだけだそうです)

 

 

【星を揚げる少年】

(子ども時代は、不思議な世界とつながっていました)

 

 

【空を見る少年】

(何歳になっても、空も海も空気も不思議です)

 

 

【黒壁飾り】

(前から保存していた黒い箱をようやく利用することができました)

 

 

【基板ばん】

(色の配置を考えました)

 

 

 

【瓶とコラボ】

 

(接着はしていません。お遊びで、瓶などの廃材を並べてみました)

 

 

【イエローライトリズム】

(「ブルーライト・横浜」を真似て)

 

【茶色に3つ】

(素材をどのように留めるかに悩みました)

 

【押し寄せる鍵】

(鍵が開かない場面、映画に登場しそうです)

 

 

【お祭り基板】

(賑やかな基盤があってもいいじゃないか)

 

 

【番外編:鉄瓶をリユース(再利用)】

小さな鉄瓶をヤードで見つけました。

このままだと溶解され鉄にリサイクルされてしまいます。

鉄瓶のままの形を存続させたくて、鉢にしました。

 

2021年6月26日追記

弊社のヤードで見つけたガラス片を鉄瓶に並べてみました。

 

 

 

 

 

 

【番外編:ピンセット】

小さな材料を瞬間接着剤で箱に接着する際に、接着剤が指について困ることがしばしば。
指に部品がくっついて取れないのです。
それはまだいいのですが、左右の指がくっついたときは慌てます。

ピンセットさえあれば、材料を箱に貼り付けることができるのにと思っていました。

百円ショップ、DIY店、ドラッグストア、大手スーパーを探しましたが、ピンセットが見つかりません。
と、職場すぐの県道沿いに、プロ用工具専門店があることを思い出しました。
そのお店で見つけたのが、これです。

なんと、4種類入りで170円でした。

 

ライトLED付ピンセットもありました。

 

なお、お相撲さんにとって瞬間接着剤は必須アイテムだそうです。

「いつも素足で稽古して、それ以外でも裸足が多い力士たちは自然と足の裏の皮が分厚くなってくるそうです。
舞の海さんによると「足の裏がひび割れちゃって、そこにアロンアルファを流し込んでくっつける」というからびっくり!
琴剣さんは「昔はアロンアルファがないからアスファルトを分けてもらって、それを溶かして使っていた」とさらに驚愕の事実を明かしてました。」→引用元facebook

 

 

 

 

再生アートとは?

 

※「再生アート」とは

解体現場から当社エイキに集まってきた解体副産物(廃材・廃棄物)。
この廃材だけで作るアートを「再生アート」と名付けました。

 

解体は、一般的には次の順序で進みます。

1.建物を解体する。
2.排出された解体副産物(廃材・廃棄物)を収集する。
3.素材ごとに分別する。
4.リサイクルできない物は、中間処理(減量化)をした後に最終処理(焼却・埋め立て)する。
5.リサイクルできる物は、資源再活用する。
6.解体で生まれた更地は、再活用する。

 

不要になった物を作品という形に再生することで、物が持つ存在感に気づいていただきたいという願いから、日々再生アートを作成しております。

なお、「再生アート」の中でも、定まった大きさの箱にアートを閉じ込めたのが「箱アート」です。

 

建物を解体する弊社エイキの役割は、「あるもの(存在)」を「なくする(無)」ものではありません。
未来のために有意義な土地を新たに「生み出す(再生)」ことだと思っています。

「再生アート」も、廃棄物を作品として再生させたいという思いで作成しております。

 

 

 

「再生アート(廃棄物アート)」今までのブログ一覧

 

 

ご興味を持たれましたタイトルをクリック願います。

 

・再生アート その1 あらゆる物から作り出されるアートをエイキが試作
・再生アート その2 分別世界を撮る
・再生アート その3 物質の群れ はく奪された意味
・再生アート その4 新作、できました
・再生アート その5 宇宙からのメッセージ、ただいま受信中
・再生アート その6  Inspired by the movie ‘Arrival’, We created a message receiving device from the universe in Japan.
・再生アート その7 箱アート:音楽を封じ込める
・再生アート その8 箱アート:新作展示
・再生アート その9 箱アート:黄色を基調
・再生アート その10 箱アート:時代/文芸
・再生アート その11 箱アート おもちゃ箱 
・再生アート その12 箱アートを作る手順は2通り
・再生アート その13 箱アート:野球シリーズ
・再生アート その14 箱アート:夏の終わりの新作
・再生アート その15 箱アート:組み合わせの妙
・再生アート その16 箱アート:素材についてと新作
・再生アート その17 箱アート:梅雨の新作
・再生アート その18 箱アート:創作体験に参加した
・再生アート その19 箱アート:TV放映と秋の新作
・再生アート その20 箱アート:地域貢献と冬の新作
・再生アート その21 箱アート:春の新作

 

 

 

 

富山県、石川県の解体はエイキへ

 

   -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

エイキIT事業部公式チャンネルはこちらをクリック!

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

 

 

スポンサーリンク 

 



EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram