「再生アート」 その3 ~物質の群れ 『はく奪された意味』~

こんにちは。

富山県NO.1のアスベスト解体工事における実績、技術力を誇る有限会社エイキです!!    

スポンサーリンク

   

CIMG0631

解体された建物から搬出された物質。

これらをエイキのヤードで、材質ごとに分別しています。
作業するのは、エイキソーシャルワークの分別班8名。

今回は、これら、分別された物資の写真を載せます。

一つずつならば印象薄い物質が、たくさん集まると静かに自らを主張しているように感じました。

捨てられ、集まり、再生される物質たち

木材、ガラス、スプリング、ペットボトル。
順に写真をご覧ください。

それぞれに「草(植物)」を入れて撮りました。

写真の中の小さな草を見つけられるでしょうか?

CIMG0640

CIMG0631

CIMG0635

CIMG0637

 

その中で、草だけが

前掲写真のアップ写真を載せます。

この草、エイキ本社の門の脇に生えていたものです。

CIMG0641

CIMG0632

CIMG0636

CIMG0639

 

集まりとは?

同じ物質を集めて作品にした芸術家に、アルマンがいます。
2005年10月22日に亡くなったフランス人です(本名、アルマン・フェルナンデス Armand Pierre Fernandez)。

次の2枚をご覧願います。

(左・出典:https://www.ab-road.net/europe/france/paris/guide/05135.html)

(右・出典:http://china.org.cn/travel/expo2010shanghai/2010-09/06/content_20887335.htm)

物が集合すると、本来の時計という「機能」・バイオリンという「機能」が剥奪されて、「物そのもの」を感じてしまいます。

先に挙げました、木材、ガラス、スプリング、ペットボトルの写真からも、「物そのもの」をお感じになられたかと思います。

アルマンの他の作品はこちらをクリック。

ベッドの解体

最後に、ベッドマットレスの写真を載せます。

一日のうちの3分の1、約8時間も身を預けているマットレスですが、こうやって見ると、単なる古びた「物質」としか見られなくなります。

この時に感じた「感覚の危うさ」をご紹介したく、マットレスの写真を載せた次第です。
身体を預けさせるという「機能」の意味が薄れ、「物が持つ本来の姿」を垣間見た思いがしました。

マットレスは、布、ウレタン、留め金、スプリングに分別します。
スプリングはバネの機能が生きていて収縮後の反発力が強く、バネ製造の技術力に驚きます。

最近は、ウレタンの形を工夫し、ウレタン自体にバネの役割を持たせた製品もあるそうです。

「再生アート」はシリーズです。ご覧いただけましたら幸いです。

1.再生アートをエイキが試作→クリック

2.分別世界を撮る→クリック

3.物質の群れ『剥奪された意味』→クリック(今回のブログ)

フリーダイヤル 0120-720-252 メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

そのままにしている空き家ありませんか?

空き家活用についてのご相談は空き家レスキュー119番まで 。 

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!  

スポンサーリンク 
 

         

 

「再生アート」 その3 ~物質の群れ 『はく奪された意味』~