解体工事のファーストビュー
解体工事のファーストビュー

解体工事

OUR BUSINESS

解体工事01

エイキでは、大きな建物解体から小さな解体まで幅広く対応しております。 一般的な解体は、木造・RC(鉄筋コンクリート)造・S(鉄骨)造・SRC造などに分けられます。 エイキではこのような一般的な解体以外をプチ解体と称し、敷居を低く気軽に解体をたのめるようにしました。 小さな納屋から犬小屋など解体できるものであればなんでも解体致します。


また、リフォーム時や様々なシーンでの内装解体も承っております。 オフィスの移転による原状回復工事や、飲食店などの閉店に伴う原状回復工事・マンションやアパートの一室のみのスケルトン解体工事など、物件オーナー様や不動産会社、リフォームメーカーからの依頼が増加中です。 解体後の電気や設備の原状回復も同時に行っていますので、安心してご依頼ください

解体工事の種類と内容

解体工事の種類と内容

解体工事 ・家屋、住宅の解体
・ビルやアパートの解体
・店舗や工場などの解体
・木造建物の解体
・RC造(鉄筋コンクリート造)解体
・S造(鉄骨)解体
など
小規模解体工事 ・母屋の解体
・車庫の解体
・塀やお庭の撤去
・犬小屋の解体
・物置やプレハブの撤去
・サンルーム、ウッドデッキの撤去
など
その他 ・塀と庭を解体してカーポートに
・納屋を解体して駐車場に
・古くなったサンルームを壊してスッキリと
・庭を撤去してジャリを敷く
・腐食が進んだウッドデッキを壊してコンクリートに
・ブロック塀一部だけをカット
・段差を無くす
など
内装解体 ・住宅のリフォーム時の解体
(浴室・便所・キッチンなど)
・店舗の部分内装解体
(厨房設備・カウンター・土間の解体など)
原状回復解体 ・飲食店舗の閉店に伴う内装解体工事
・オフィス移転に伴う内装解体工事
・借りテナントの不動産解約時の内装解体工事
スケルトン解体 ・マンションの一室を完全リフォームやリノベーションに伴う内装解体
・アパートの全室完全リフォームやリノベーションに伴う内装解体
部分解体 ・工場のボイラーや配管設備などのやり替えに伴う解体
・工場内部の構造変更などに伴う解体
解体工事の流れ

解体工事の流れ

01.ご相談・見積り依頼

解体工事のご相談・お見積り無料!!お気軽にご相談下さい。

随時解体工事のご相談をお受けしております。 解体のご相談内容、現在の状況、希望作業内容、現地調査の訪問可能日をご確認の上、お電話、メールまたはホームページからご連絡下さい。

02.現場調査

現地調査・お見積り無料!(対応エリア有り)。

お客様のご希望日時にお伺いし、搬出ルート、解体工事の作業をおこなう重機の選定とお見積もりをいたします。 その際アスベスト検査・除去のご依頼も一緒にうけたまわりますので、ご相談下さい。

03.ご提案/ご契約

解体工事のお見積りをご検討頂き、内容に了解いただけましたらご契約となります。

お見積りをご検討頂き、内容に了解いただけましたらご契約となります。ご契約まで料金の発生はありません。
※解体する建物の面積が80m2を超える場合は、着工前に建設リサイクル法に基づく届出を行います。

04.近隣へのご挨拶

近隣の皆様にご挨拶と、解体作業のご説明をいたします。

解体工事が始まると、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。そのため、近隣の皆様にご挨拶・説明をし、ご納得をしていただき、円滑に工事を行えるようにします。

05.配管、配線撤去の手配

電気、ガス、水道管の撤去を行います。

基本料金を支払い続けることになってしまいますので、電気・ガス・水道などの利用は一時利用を休止してください。 使用停止後、ガス、電気、上下水道、電話の引込配管、配線の撤去を行ないます。

06.足場・養成の組立、工事着工

防音・防塵シートと足場を組み立て、工事の着工をします。

内装解体工事ではお客様が同じ建屋にお住まいされながらの作業が伴う事もあるため、養生作業を行います。
解体工事期間中は、近隣の方にご迷惑をかけないよう、防音、防塵、振動、安全などに十分な対策をとりながら、万全の対応を行います。

07.廃棄物処分と整地

解体物を鉄・プラスチックなどに分別し、処理施設に運搬します。

解体工事により生じる、木や木くず・鉄・プラスチック・コンクリートガラなどの分別をして、再生リサイクルとして、廃棄物処理施設などの適切な場所に運搬し、処理いたします。 また、解体工事で出た産業廃棄物がどの様に処理されたかを記したマニフェストを発行し、弊社にて5年間保存いたします。

08.施行終了後のお立会い

お客様に最終確認後、工事完了となります。

現場に残存物などがないか最終確認して頂きます。砂利敷きやコンクリート敷き、壁や土間など修繕工事なども承ります。
建物解体の場合は「建物減失証明書」を発行して完了です。
完了後も、ちょっとしたご相談などにお気軽にご連絡ください。迅速に対応いたします!!

よくある質問

よくある質問

質問 見積りは無料ですか?

答え はい。現地調査・御見積りやご相談等無料です。
御見積りがご予算に合わない場合や施工内容にご不満な場合は遠慮なく再度ご相談ください。
また、しつこい営業(電話・訪問)は行っていませんのでご安心下さい。

質問 どうして現地見積りが必要なのですか?

答え よく㎡や㎥単価はいくら?おおよそいくら?と聞かれますが、解体工事の金額は建坪や構造によるところもございますが立地条件や周囲の環境によって大きく左右されます。
大型機械を使用することができるか、ご近所への配慮はどれほど必要かなども見積もりに追加されてきます。
現場見積りをした後は、地中埋蔵物でもない限りおおきく金額が変わることはありませんので現地見積りをご依頼されることをお勧めします。

質問 追加料金がかかるのはどんな時ですか?

答え 工事前に下見・御見積りをさせていただければ、追加料金が発生することはありません。
御見積りで現地調査がない場合や情報が少ないケース、施工途中での新規作業依頼などで追加料金が発生することがあります。

質問 解体後の手続きは何があるのですか?

答え 解体工事終了後の現地確認をお願いしております。
建物滅失登記申請に必要になる弊社の印鑑証明・代表者事項証明書(資格証明)・建物滅失証明書をお渡しいたしますので、
ご本人様が法務局で手続きなさるか、土地家屋調査士や行政書士に登記申請を依頼(有料)されることをお勧めします。

質問 近隣の挨拶はしたほうがいいのでしょうか?

答え 工事1週間位前に弊社の営業・工事担当がご近所を回り、ご挨拶します。お客様が一緒に同行していただいても構いません。
なお、近隣からの苦情・質問にも丁寧に対応していきますのでご安心ください。

質問 隣接道路幅が狭いのですが…。

答え 弊社では、事前下見を致しますので解体方法や車両・重機の大きさを検討します。 解体物を搬出する際に使用する車両を駐車する場所が確保できないなどの場合には、警察に道路占有使用許可の申請を出して対処しております。 解体方法によっては、駐車スペースを確保するために先に建物の一部を壊し対応いたしております。

質問 誰も住まなくなった家の処分もお願いできますか?

答え もちろんです。解体から土地の売却(弊社提携の不動産を紹介)までお手伝いいたします。 また、遠方の方でも電話やメール・写真等により解体いたします。

質問 建物から出た廃棄物は適性に処理されますか?

答え 分別処理のため、コンクリートくずなど建設系廃棄物や廃プラスチックなどは、全て許可のある処分場などに持って行き適正に処理されます。

質問 廃材処分はしっかりしてますか?

答え 当社のホームページにてご案内しているとおり、不法投棄は大きな犯罪です。 当社では家屋解体工事という仕事を行っている以上、他社様よりもこの問題を真摯に受け止め、万全の体制で仕事に望んでおります。 廃材はそれぞれ分類分けし、処分を依頼する担当の会社とお付き合いしております。安心して解体工事をご依頼下さい。

質問 支払いはどうしたらいいの?

答え 工事終了後、ご確認頂き問題がなければ、弊社から請求書・振込先の資料をご郵送致しますので、1週間程度を目安に口座にお振込をお願い致します。

質問 遠方からの問い合わせにも対応できますか?

答え 持ち主様が遠方の場合など立ち合いができない場合でも、外観からのお見積りも対応可能です。(但し。概算見積りになりますので、本契約前には必ず現地内部を確認の上お見積りを致します。)

お問い合わせはこちら

ご相談、現地調査、お見積り無料!
どんなことでもお気軽にお問い合わせください!

電話

365日24時間受付/携帯・スマートフォンからでも♪

EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram