「再生アート(廃棄物アート)」その29 制作過程をご紹介します。

こんにちは。

 

再生アートを3点作りました。

いままでは完成品をご紹介していましたが、今回は制作過程の写真も載せました。

「アトムの戸惑い」と「試験管-線と円-」と「まつぼくり」の3点です。

ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

 

【目次】

1.アトムの戸惑い

2.試験管-線と円-

3.まつぼくり

 

 

 

1.アトムの戸惑い

 

 

素材から完成品までを写真でご紹介します。

 

まずは、

メンコのアトム」を弊社の分別ヤードで見つけたところからです。

  ↓

 

 

メンコの絵柄を見た瞬間、「アトムの人柄(ロボット柄?)を表現したい」と思いました。

あなたでしたら、上の4枚のうち、どのメンコを選びますか?

 

私は右下のメンコを選びました。

これです。

  ↓

 

夜中のビル街。

産まれたばかりで、純情な表情をした幼いアトム。

周囲は、全く未知の世界。

右側の大きな手は、悪への誘惑でしょうか?

どうするんだ、アトム?

 

 

次に、

分別されている金属類の山からは、金属片を10個ほど選びました。

アトムの内部が機械で出来ていることを表すために、金属片をそれらしく並べてみました。

    ↓

 

 

アトムのメンコと金属片の両方を箱に接着しました。

  ↓

 

上半分のメンコは無垢なアトムの心を、下半分の金属片は百万馬力の身体を表現しています。

心あるアトムと無機質な機械です。

思春期の人間と同じく、アトムは自身と社会との間で揺れています。

しかし、心と身体とは一体です。

この一体感を表現したく、メンコと金属片を閉じ込めてみたくなりました。

 

ちょうど針金がありましたので、アトムを覆いたいと思いました。

でも、針金をどのように使ったら良いか想像がつきません。

そこで、ペイント(無料お絵かきソフト)でアレコレと試作。

   ↓

どちらがアトムの成長期を表せているでしょうか?

右側の斜線が魅力的ですが、まだアトムは幼い時期ですので、左側の格子状を選ぶことにしました。

 

で、完成したのが下の箱です。

格子状に均等に針金をめぐらすのは、私には苦手な作業でした。

自由に斜めに針金を張りたくなりましたが、初志貫徹。

なんとかなったかなと思います。→ 満足です。

 

 

 

なお、鉄人28号がお好きな方は、こちらもご覧願います。

クリック→「鉄人28号、ビルの街にガオー」

 

 

 

 

2.試験管-線と円-

 

 

上記アトムのご紹介とは逆に、「完成作品→小さな箱5個→世界素材」の順で載せます。

 

 

 

完成作品です。

  ↓

 

 

 

箱にはもともと敷居がありました。

そこで今回は、全体像をイメージせずに、小さな箱ごとで完結する作品を作ることにしました。

小さな箱世界です。

 

 

「箱の世界その1」

 

 

「箱の世界その2」

 

 

「箱の世界その3」

 

「箱の世界その4」

 

「箱の世界その5」

 

 

 

最後に、素材となる不要物をご覧ください。

  ↓

 

 

 

 

3.まつぼくり

 

 

いつもの白い箱、いつものサイズがお店で見つけられません。

伺うと、生産停止とのこと。

 

私には箱が必要です。

今のところ、箱という中でしか作成できません。

枠が必要なのです。

 

職場の同僚が、ヤードから見つけた箱に白いペンキを塗ってくれました。

まずは青色を塗り、その上から白を二度塗りしました。

 

箱だけの方が存在感があります。

 

 

 

木くずの中に、一つの松ぼっくりがありました。

そこで、箱に松ぼっくりを入れ込んでみました。

こうなりました。

 

 

 

 

 

スッキリとした空間が箱の中に生れました。

 

 

 

 

 

4.再生アートとは?

 

 

※「再生アート」とは

解体現場から当社エイキに集まってきた解体副産物(廃材・廃棄物)。
この廃材だけで作るアートを「再生アート」と名付けました。

 

解体は、一般的には次の順序で進みます。

1.建物を解体する。
2.排出された解体副産物(廃材・廃棄物)を収集する。
3.素材ごとに分別する。
4.リサイクルできない物は中間処理(減量化)をした後に最終処理(焼却・埋め立て)する。
5.リサイクルできる物は資源再活用する。
6.解体で生まれた更地は、再活用する。

 

不要になった物を作品という形に再生することで、物が持つ存在感に気づいていただきたいという願いから、日々再生アートを作成しております。なお、「再生アート」の中でも、定まった大きさの箱にアートを閉じ込めたのが「箱アート」です。

建物を解体する弊社エイキの役割は、「あるもの(存在)」を「なくする(無)」ものではありません。
未来のために有意義な土地を新たに「生み出す(再生)」ことだと思っています。

「再生アート」も、廃棄物を作品として再生させたいという思いで作成しております。

 

 

 

4.「再生アート(廃棄物アート)」今までのブログ一覧

 

 

ご興味を持たれましたタイトルをクリック願います。

 

・再生アート その1 あらゆる物から作り出されるアートをエイキが試作
・再生アート その2 分別世界を撮る
・再生アート その3 物質の群れ はく奪された意味
・再生アート その4 新作、できました
・再生アート その5 宇宙からのメッセージ、ただいま受信中
・再生アート その6  Inspired by the movie ‘Arrival’, We created a message receiving device from the universe in Japan.
・再生アート その7 箱アート:音楽を封じ込める
・再生アート その8 箱アート:新作展示
・再生アート その9 箱アート:黄色を基調
・再生アート その10 箱アート:時代/文芸
・再生アート その11 箱アート おもちゃ箱 
・再生アート その12 箱アートを作る手順は2通り
・再生アート その13 箱アート:野球シリーズ
・再生アート その14 箱アート:夏の終わりの新作
・再生アート その15 箱アート:組み合わせの妙
・再生アート その16 箱アート:素材についてと新作
・再生アート その17 箱アート:梅雨の新作
・再生アート その18 箱アート:創作体験に参加した
・再生アート その19 箱アート:TV放映と秋の新作
・再生アート その20 箱アート:冬の新作
・再生アート その21 箱アート:春の新作
・再生アート その22 エイキのロゴマーク特集
・再生アート その23 展覧会のお知らせ
・再生アート その24 ~展覧会の光景~
・再生アート その25 箱アート~秋の新作~
・再生アート その26 出前授業で、小学生に「アートと環境」を語る。
・再生アート その27 勝興寺での展示とワークショップに参加しました。
・再生アート その27 創作魂復活→希少3作品。
・再生アート その29 制作過程をご紹介します。

 

 

 

5.富山市の解体は、有限会社エイキへ

 

 

”For the next generation” 次世代の為に・・・

富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社エイキです!

 

   -連絡先-   

 

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせ画面→「eiki.inc お問い合わせ」

LINEでのお問い合わせも可能です!

友だち追加

 

解体動画を見るならココ!→ 「eiki.inc 公式Youtubeチャンネル」

インスタ始めました!→「eiki.inc公式Instagram」

 

使い終わった空き家お売りください→空き家レスキュー119番

 

有限会社eiki.incは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

※ エイキでは現在、求人を募集しております!

詳しくはこちら↓

engage



EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram