ふつうの解体6。一般的な家解体作業で行われる「内装撤去作業」

みなさん、こんにちは!ご機嫌如何ですか?
今回は、ごく一般的な家解体作業で行われる「内装撤去作業」をご紹介していきます!

内装撤去作業

解体は3つのステップから構成されています。
今日ご紹介する「内装撤去作業」と、「解体作業」と「整地」でしたね?

内装撤去作業とは、重機で家を解体する前の作業であり、家を壊すまえの下準備ともいえます!
もしも、この作業を飛ばしてそのまま解体すれば、家の中にある家具や窓ガラスが残されたまま壊される事になります。

そのままという事は、エアコンや燃焼タンクなどが残された状態での解体となるので環境にもわるく非常に危険です(違法)。

つまり、このステップを確実に行わなければ、「家を壊す」という事はできないのです!
では、内装撤去作業とはどんなものなのでしょうか?

こちらをご覧ください!

書籍や書類が部屋の中に山積みなっていますね?
大抵の場合、倉庫やお部屋にこうした生活用品が置かれている事があります。

まず解体を始める前にする事は、このように内装にある生活品を撤去する所から始まります!
撤去後はこんな風になります!

とてもスッキリとしましたね!

ここで大切になってくるのはいかに「スピーディー」に仕事をこなすか?という事です!この作業を効率悪く、遅くやっていたらいつまで経っても解体が始められません。

今回の写真にでてきた不用品類は細かいものが多かったので、早く業務をこなすことができましたが、なかには家から撤去するのが大変な家具が設置されている現場もあります。(例えば、巨大な金庫やタンスなど)こんな時こそ、エイキのチームワークの強みを発揮するときと考えています!

以上が「内装撤去作業」のご紹介でした。最後まで読んでくれてありがとうございます!
それでは、ごきげんよう~~。

有限会社エイキについて

有限会社エイキは、納屋などの小規模解体から、ビルの解体まで幅広く行っております。

さらに弊社の強みとして、不動産事業部との連携により解体後の土地の活用について
ワンストップでご提案させて頂くことが可能です!

解体や土地の事でご相談があれば、一度、有限会社エイキまでご連絡くださいませ。

ご相談・お見積もりは無料です。

   -連絡先-  

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

スポンサーリンク

ふつうの解体6。一般的な家解体作業で行われる「内装撤去作業」
Yo!

By Yo!

解体をわかりや~すくせつめいをしていきますよー!? にがてなもの:ブルーハワイ。 少しにがてなもの:ブロッコリー。 すきなもの:ハーゲンダッツ。 卵かけごはんはぜったいにまぜない系。 特技:にんじゃ。 以上! よろしく~。