スポンサーリンク

翻訳できます

『不動産ミニ知識 その3 ~駅から徒歩5分の距離って?~』

20170726K01.JPG

 

こんにちは。

気温が上がったり下がったり、強い雨が降ったりやんだりと
不安定な気候ですね。

夏バテなさっていませんか?
夏バテ防止には、なんといってもウナギです。

とは言っても、あまりにも高価すぎますね、、、、、、。

駅から徒歩〇分って、距離にしてどれくらいか?

今回は、不動産広告に必ず出てくる

「最寄駅から徒歩〇分」

という表現についてご案内します。

「駅近! 最寄駅から〇分」
「買い物便利! 大型スーパーまで徒歩〇分」

という広告をよくご覧になると思います。

この「〇分」というのは、足の速い遅いに関係なく
規則で距離が決まっています。

大原則は、「1分=80m」です。

オリンピックの短距離陸上選手ならば
1分で500mは走れそうですね。

例えば、先日の世界陸上に出場したジャマイカのボルト選手でしたら
100mを9.95秒で走りますから
1分で500mという計算もイメージしやすいかもしれません。

 

でも、世の中にどんなに足が速い人がいたとしても

不動産広告に載せるときは、「1分=80メートル」が決まりです。

このことは、「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」に定められています。

20170726K06

信号待ちは、どうなるの?坂道は平地よりも時間がかかるでしょ!

実は、不動産物件の時間と距離表示には
「1分=80m」以外にも細かな取り決めがあります。

・1分未満の秒数は切り上げて1分とする。
(例:徒歩10分という表記の場合⇒物件まで720m~800m)

・直線距離ではなく、道路沿いに測定した距離を表記する。

・駅は出入り口を起点として距離を測る。

・集合住宅は出入り口からの距離ではなく
目的地に一番近い集合住宅の敷地内を起点として距離を測る。

・信号機や踏切やエレベーターの待ち時間は、時間に含まない。
(開かずの踏切がある場合は注意が必要ですね。)

・坂道のために実際にかかる時間が平地より長くなったとしても、80mを1分と換算。

このような換算方法ですので、物件選びについては
実際に最寄り駅から歩いてみることをお勧めします。

20170801K01

 

1分=80mとした理由

1分を80mとして換算することが原則ですが
実際は1分あればもう少し距離をあるけそうですね。

ではなぜ、1分で80mと換算するようになったのでしょうか?

調べてみました。

「健康な女性がハイヒールのサンダルを履いて1分間歩いた距離の平均が約80mだった」。
これが起源のようです。

しかし、時代や道路事情や靴の形状によっても距離が変化しますから
どうも通説程度の正しさかなと思います。

20170726K02

人は1分でどれくらいの距離を進めるか?

不動産広告では「1分=80メートル」と書きましたが
1分あれば実際はもっと遠くまで勧めますね。

この辺りをチョッと調べてみました。

100メートルを9秒58で走るウサイン・ボルト氏が
そのスピードを1分間維持して走れるならば、1分で636m強を進めます。

「走るのは反則だ!」という方には、競歩のご案内をします。

競歩の世界記録は「3000メートル競歩10分47秒11。G・デ・ベネディチス氏」です。
1分で272m強を進めることになります。

なお、光は1分で17,987,547Km進むそうです。

地球と月の距離を38万Kmとすると
1分で地球と月を25往復できる距離です。

と、思います?????。
計算が怪しいですか?????。

間違っていたらすみません。

20170726K04

 

不動産のご相談は、エイキFUDOSANまでお願いします。

エイキFUDOUSAN物件掲載情報はこちらをクリック!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ