こんにちは。

利用者です。

今回は、SMAPの名曲「世界に一つだけの花」について、思うところを記します。

 

20210423k03

(画像引用:Amazon アイキャッチ画像もAmazon)

僕らは世界に一つだけの花

 

「あれっ、今までの歌謡曲の歌詞と違うな」。

この楽曲を聞いたときに思ったことです。

多くの楽曲の歌詞は、

・「皆で心を一つに頑張ろう」、

・「目的に向かって皆で歩もう」、

・「悩んでいるのは君だけじゃない」、

・「心を広げれば、孤独なんか消えるさ」、

という雰囲気の歌詞が多かったように思います。

「皆で同じ方向を目指して頑張ろう!!!」という歌詞です。

しかし「世界に一つだけの花」の歌詞は違っていました。

・「そうさ僕らは世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ」

・「その花を咲かさせることだけに 一生懸命になればいい」

・「一つとして同じものはないから NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」

と歌っています。

こんな歌詞に出会ったことがなかったから、慰めら励まされたようで気持ちが高揚しました。

『皆が同じでなくてもいい。自分は自分らしくあっていい』

『一人一人がもともと違った人間なんだから、価値観を人に無理に合わせる必要はない』

『人と違ったひとりぼっちの自分でも一人の自分として生きていけばいいんんだ』

と私は感じたのです。

 

20210423k02

でも、何度も聞いていますと、

「なにか変だぞ」

と感じるようになりました。

なにが変なんだろう?

 

20210423k04

 

僕らは世界に一人だけの人間?

 

自分が歌詞に抱いた違和感を記してみます。

この歌詞はあまりにも自分自身を中心にしていないだろうか?

「世界よりも先に自分が存在する」という自己中心性におちいる危うさがあるのではないか?

という違和感です。

Wikipediaサイト→「自己中心性」

人は個人だけでは生きられない。

見えないところで誰かが、苦労してくださっているから自分は生きられています。

人それぞれ細かい点は異なるものの、

「人の辛さと悩みや、喜びと安心感といった気持ちを持ちながら一緒に生きる」

ということは人類共通のことだと思います。

にもかかわらず、

・「そうさ 僕らは世界に一つだけの花 一人一人違う種を持つ」

・「その花を咲かさせることだけに 一生懸命になればいい」

・「一つとして同じものはないから NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」

と言い切るのは、無理があるのではないでしょうか?

たしかに、個人の特性は尊重されるべきものです。

「特性を異質なものだ排除する社会」、

「想像力や共感力を大切にしない社会の風潮」

は、まっぴらごめんです。

しかしながら一方は、色んな人間の個性を包み込みながら、人類として今まで生き延びてきました。

個人はもともと弱いものです。

ですので、他人と一緒に社会を作り共同生活を営みます。

人は個人として生きるのではなく、社会の中で人に支えられながら生きてるという視点を持ちたいです。

不運や悲しみにや孤独感に取り込まれて、真っ暗になるときがあります。

「自分だけが皆と異なった気持ちや考えを抱いている」

「こんなに落ち込むのは世界中で自分だけだ」

「だれも自分の気持ちを分かってくれない」

「なんで自分だけがこんなに不幸なのだろうか?」

と嘆き苦しむのです。

20210423k05

僕らは世界の人と一緒の人類

苦しい時に支えになるのは、

「状況は異なれど地球上の誰かも自分と同じように感じている」

という人類の共通感覚です。

「一つとして同じものはないから NO.1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」

という考えでは、孤独の海に沈んでしまうのではないかと危惧します。

「Onry one」ではなく、「Every one」と感じながら生きたいです。

 

20210423k06

 

とはいえ、「僕らは世界に一つだけの花」は大好きですよ。

 

矛盾していてごめんなさい。

違和感は感じるものの、実は今も「世界に一つだけの花」が好きなのです。

2004年、第76回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にもなっていますね。

以下のYouTube動画は、甲子園の「世界に一つだけの花」です。

 

 

 

 


20210423k01

 

 

スポンサーリンク

富山就労継続支援A型事業所 コラーレ富山

(法人名)
一般社団法人 eiki social work

(設立)
平成26年6月

(利用者数)
12名(令和2年4月末)

(事業所名)
就労継続支援A型事業所「コラーレ富山」

(事業所番号)
1610101550

(利用定員)
20名

(事業内容)
福祉サービス業
障がい者自立支援法におけるA型事業所

(サービス内容)
産業廃棄物の分別・各種工具等のメンテナンス・PC関連など

(所在地)
〒930-0996 富山県富山市新庄本町3丁目1-13

(アクセス方法)
バス 向新庄口下車 徒歩3分

(電話番号)
076ー452ー3899

(FAX番号)
076ー452ー4025