木造住宅の手壊し解体





スポンサーリンク






こんにちは!今回のお仕事は、木造住宅の解体を行ったのですが、クレーン車等の重機を使った解体ではなく手壊しと呼ばれるチェーンソーやその他解体用の工具を使って行われる人力での解体でした。


手壊し解体とは?

木造住宅の解体といえば、やはり重機を使った作業というのが一般的という感じに考える方も多くいらっしゃると思いますが、今回行った手壊しは、道幅が狭く重機を使って作業が出来るスペースがない場合、または道路が階段状になっていて重機の進入が非常に困難といった、何らかの理由で重機が使用できない場合に行われる人力作業での解体です。


そして今回行われた手壊しですが、やはり人力作業というだけあって重機で行われる解体より時間も労力もかかりましたね・・・。


013

写真のようにまずは、解体途中に万が一のことがないようにしっかりと段取りを組みます。これらのこともスタッフの手作業で行われますね、途中で住宅が崩れないよう念入りにチェックにチェックを重ねしっかり確認をします。そこではじめて解体作業に取り掛かることが出来るわけです。


人力で直接解体作業を行うわけですから、スタッフの身に危険が迫るような事故を絶対に起こせませんからね、念入りに事前の確認をするというのは重機を使った解体作業も同じですが、人力で作業を行うとすればなおさらです。


033

そして解体中の写真がこちらになります。幸いの晴天でしたので天候に邪魔をされることもなく解体を進められました!屋根上に直接上り、人力で解体作業をするという危険な現場でしたが、優秀なエイキスタッフの活躍により無事事故もなく終了することが出来ました!


富山県内で手壊しでなければ出来ない解体でお困りの方はいらっしゃいませんか?
エイキでは重機を使えない場所の解体も行っています、重機を使った解体も手壊しでの解体も是非エイキにおまかせください! 


お見積もりご相談無料!フリーダイヤル/0120-720-252




スポンサーリンク






木造住宅の手壊し解体