大型施設のアスベスト。ダクトとエルボの除去工事

こんにちは~!エイキです!

 

今回は大型施設のダクトと、配管のアスベスト(石綿)除去を行いましたのでご紹介いたします。

 

アスベスト除去工事では、ダクトに使われるアスベストの除去を行うことも少なくありません。

ダクトのつなぎ目から空気が漏れないように、パッキンやガスケットといったシールで密封しますが、

昔はそのシールの材料に、アスベストが使われていました。

アスベストで作られたシールはまさに万能!耐薬・耐熱・耐圧!全てにおいて優秀です。

・・・しかし、どんなに優れたものでも欠点はつきもの。アスベストの小さな粉じんは人が吸引すると重篤な健康被害を起こします。

 

それでは実際にダクトと、配管のアスベスト除去工事をご覧いただきましょう。

まずダクトの除去作業では、ダクトを撤去した後、ガスケットがあるつなぎ目部分を切り取って除去します。

 

撤去前のダクト(上)と撤去後のダクト(奥)。

うーん、それにしてもこれだけ大きなダクトであれば人が入り込めそう。

しかし、ダクト専門の業者様曰く「絶対インポッシブル。入って作業することは可能だが、長距離移動は不可能」・・・とのこと。

 

上のダクトを撤去するとこの通り。

まだまだありますので、どんどん撤去していきましょう。

 

 

ダクトのアスベスト除去を終えたら、配管エルボの除去作業に入ります。

 

こちらが配管エルボ。L字型の接続管です。

エルボは「肘」。外すが吉。

というのも、エルボの部分はアスベストの保温材が使われています。

エルボの部分は高温が集中しやすく、また同じく保温材として

使用されているグラスウール(人工のガラス繊維。発がん性は無い)が隙間を埋められないといった理由から、

エルボの隙間をカバーする保温材としてアスベストが選ばれていました。

 

外すとこのようになります。

こうして除去されたアスベスト達は梱包後、アスベストを処理できる管理型処分場へ・・・。

 

除去後に二重梱包されたアスベスト。

 

古い建物は老朽化に伴い、解体されるケースも増えてきました。

アスベスト含有建物は老朽化することで、アスベストが飛散してしまう恐れもあります。

エイキではアスベスト調査から除去工事まで、幅広く対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

富山県、石川県の解体はエイキへ

 

”For the next generation” 次世代の為に・・・

 

富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社エイキです!

 

 

   -連絡先-   

 

フリーダイヤル 0120-720-252

 

メールでのお問い合わせ画面→「有限会社エイキお問い合わせ」

使い終わった空き家お売りください→空き家レスキュー119番

解体動画を見るならココ!→ エイキIT事業部公式チャンネル

LINEでのお問い合わせも可能です!→エイキ公式LINE友達追加

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

※対応エリア

 

【富山県】

富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

 

 

【石川県】

金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

 

その他エリアもご相談ください。

 

スポンサーリンク



EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram