解体工事の3大困りごと:騒音と振動とホコリ

こんにちは。

水田に水が貼り田植えが終わる季節を迎えました。

苗が育ち、緑一色となり、そして黄色く実るまで、富山では目を見張る美しい自然が楽しめますね。

 

スポンサーリンク 

 

 

今回は、解体に付きものの、騒音と振動とホコリについて記します。

 

騒音について

 

 

法律上は環境省が定める「騒音規制法」があります。

作業時間につきましては、午後7時から翌日の午前7時までは作業禁止です。

 

騒音の上限は85デシベル(db)、
地下鉄の車内(80d)とカラオケBOX内(90db)の間くらい。

ちなみに電車のガード下が100dbです。

このように法律的には、地下鉄の車内の騒音までならば許されることになりますが、

日常生活に置きましては、特に閑静な住宅街の屋内では85dbでもうるさく感じることだろうと拝察します。

申し訳ないことです。

 

 

 

騒音を減らす方法としては、解体する建物の周りの養生をしっかりとすることがあげられます。

防音性の高い養生シートも一部ありますが、騒音を激減するには至っていません。

 

 

振動について

振動の上限にも法律があり、75db以下となっています。

騒々しい街頭や大きなステレオの音が70db、地下鉄の車内が80dですから、その中間くらいとなります。

年々機械工具メーカーの技術革新の結果、徐々に振動を抑える機材となってきているものの、騒音同様完全になくすことは残念ながら不可能です。

 

 

では、どうしたら近隣の方々にご理解いただけるのか?

私ちは、近隣の方々への事前のご挨拶が一番大切だと考えております。

 

 

同じ騒音、同じ振動であっても、事前に挨拶があれば近隣の方々のお気持ちが異なると思います。

何の挨拶もなく突然解体業者が工事を始めるならば、ご近隣の方々の驚きが怒りになり、さらに苦情クレームへと発展することでしょう。

 

このようなことがないように、気持ちを込めた挨拶がいかに大切かと繰り返し申したいです。

一般的に挨拶は業者が行うケースもありますが、発注者さんも同行なさるのがよろしいと私は考えます。

特に同じ解体現場で改築新築する方、又は解体現場の近所にお住まいの方は、ぜひご同行なさってください。

 

具体的な挨拶方法は、

弊社サイト「解体時の近隣住民への事前挨拶の方法はどうすればいいのかをご説明します!」

まで。

 

 

ホコリ

ホコリにつきましては、十分に気を付けて作業することで防ぐことができます。

 

ホコリが舞うと推測される作業のときは、ホースで散水をしながら作業をし、ホコリの飛散を防ぎます。

(解体前には電気・ガス・放送網などは解約いただきますが、水道契約だけは継続願います)

 

しかし、洗濯物を干しているときに解体のホコリが舞ってきたと伺うこともあり反省します。

また、工事日程などをお示しするものの、工程通りには作業が進まないこともあります。

ご迷惑をおかけします。

 

 

 

結局は・・・・

建築物を建てるとき、建築物を解体するときは、必ず騒音・振動・ホコリがつきものです。

 

何度も繰り返し恐縮ですが、

「ご迷惑をおかけします。工事へのご協力をありがとうございます」

というお詫びと感謝のお気持ちを近隣の皆さまにお伝えすることがなによりです。

 

 

 

スポンサーリンク 

 

 

富山県、石川県の解体はエイキへ

 

   -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

エイキIT事業部公式チャンネルはこちらをクリック!

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram