粉塵・火災を防ぐために解体業者が心掛けること

こんにちは!IT事業部のK-1です。

最近、ラッツ&スターのめ組のひとを聞いて「め組ってそもそも何だろう?」

と気になって少し調べてみました。

め組というのは江戸時代の火消と呼ばれる組織で、現代で言うところの消防士のような存在だったんですね。

といっても江戸時代に消火器や消防車があるわけないので火事が起きたら

組んだ水で消火作業をしつつ燃えてしまった建物をそのまま取り壊していたそうです。

よくよく考えると解体業の系統というのは

こういった時代からも繋がっているのかなと思ってしまいますね~。

さて今日はそんな火事にも関係するお話です。

スポンサーリンク

騒音や振動以外に注意すべきこと

解体ということをしている以上、騒音や振動が発生してしまうのでそれに関する

クレームが来ることがあります。

しかし解体業者に寄せられるクレームは

「工事の音がうるさい」「振動で地震がきたかと思った」

といった騒音や振動に関するものだけではありません。

他にどのようなクレームが寄せられるのかというと、それは建物の粉塵です。

例えば木造住宅の空き家を解体したとします、その際に散布した粉塵(木造住宅の木くず)が風で飛んでいき

他の家の洗濯物についてしまうということがあります。

粉塵は建物を解体する以上どうしても発生してしまうものですが、だからといってこの問題を野放しに

するわけにもいけません。

散水で粉塵の散布を防ぐ!

まずはこちらの動画をご覧ください




こちらの動画は散水をしながら解体工事を進めているものなのですが

その散水がさっきお話した粉塵の散布を抑えています。

粉塵対策以外では火災の対策としても散水をしています。

ただ解体中に火災が発生というのは極めて稀な例です。

しかし何故このような現場で火災が起きる可能性があるのかというと、自然発火の仕組みとして摩擦や静電気で火災がおきるということがあります。

数年前にアート作品として木で作られたジャングルジムから火災が発生した悲惨な事件がありました。

発火原因は演出用に用意されていたジャングルジム内の電球だったそうで、そこから発生した火が中のおがくずに燃え移り

火がジム全体に広がっていったそうです。

このように自然発火以外にも木造の中に何か発火に繋がるようなものがものがあればそこから火災に繋がる可能性は否定できない

ので、そのような事態に陥らないためにも散水作業は欠かせません。

これからも安全第一に解体作業に取り組み、世間からのマイナスイメージを払拭できるよう日々

精進してまいります。

解体に関してのお困りごとがあればお気軽にご連絡ください!

   -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

スポンサーリンク

粉塵・火災を防ぐために解体業者が心掛けること
K-1(けいいち)

By K-1(けいいち)

広報事業部改めIT事業部のK-1です! 座右の銘は1か月の出勤より1本のブログ!…嘘です、ちゃんと毎日やります(笑) 皆さんに親しみやすい記事が書けるようゆる~い感じを出しつつもあくまで真面目に真面目にやっていきますので 皆様どうぞよろしくお願いします! ・社員のように振る舞うが実はバイトという噂が流れている ・お笑いと社会風刺がすき ・2世代ほど前のゲームをよく遊ぶ ・解体がもう少し人々の間で身近に考えられるものであってほしいと考えている