スポンサーリンク

翻訳できます

相続になる前に不動産の生前整理や遺言書の作成をお勧めするわけとは?

スクリーンショット 2015-06-28 18.53.45
相続される金額が少なくても、ひとたび相続が開始すれば、その配分を巡ってトラブルになり、家庭や、親戚、兄弟関係などを壊してしまうこともあります。
また、相続トラブルに至らないまでも相続開始後の手続きは煩雑でかつ複雑で、特に遺言書がない場合、相続は協議によって解決するしかないのです。
でも、遺言書があれば時間も短縮でき揉め事も最小限で抑えられる事でしょう!



遺言書がないために親族トラブルを経験した人のうち7割近くが「親族関係の修復は困難」と考えていることがわかっています。
また、遺言書がないために相続トラブルを経験した人に行ったアンケート調査では、
「相続トラブルで揉めたが出来れば修復したいと思っている」と回答した人はわずか32%に留まり、
「相続トラブルで揉めた関係を修復するのは絶対無理である」と回答した人が68%に上る結果となっているのです。
相続問題を巡り、ひとたび親子間・兄弟間にひとたび亀裂が入ると、大抵の場合泥沼状態になり、解決の糸口が見出せなくなるというのはよく聞く話ですよね!?



相続トラブルの原因の中でも、遺言書がなかったために相続トラブルに発展した内容の第1位が自宅の相続だそうです。
自宅用の土地・建物以外にこれといった資産もない場合には、この土地・建物を巡って相続間で相続トラブルになるケースは決して珍しくないでしょう。
遺産が不動産のみの場合には、現金のように簡単に分けたり、簡単には処分出来ないので、特にトラブルに発展しやすい傾向があります。

スポンサーリンク



そこで、特に古くなった家屋のような不動産は生前整理の一環として、できる事から始めてみてはいかがでしょうか?
不動産の価値を調べてみることや
建物に残っている残置物の不要品処分、買取査定などを行いスッキリさせた後に
不動産自体を売却してしまい現金にしておく事がいいかもしれませんね!?



このご時世ですから、よっぽど需要のある立地でないかぎり売却までには時間がかかる事が予想されるので
早めのご相談をお勧め致します!



有限会社エイキでは、不動産の解体工事からアスベストの事まで、不要品の買取から処分まで、一部のみの取り壊しからリフォームやリノベーション、土地活用など・・・
その不動産に見合ったご提案をその道のプロが対応させていただいておりますので安心してご相談ください!
ご連絡お待ちしております!!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ