アスベストをばら撒く!?煙突アスベスト カポスタックとは

こんにちは!富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社エイキ、のTです!

このホームページを検索して訪問されるキーワードでトップを占めるのは「カポスタック」です。

解体業者の広報事業部担当としては、意外な結果にかなり驚いています!

今回は、それに便乗してカポスタックの記事を書くことにしました(*´T`)

 

カポスタックとは?

丁度よく、広報事業部の仲間がカポスタックについて過去のブログで書いていたので、黙って文章を拝借してきました(笑)

カポスタックとは、煙突の内側に塗布されたアスベストの事をさします。

なんで、煙突の内側にアスベストが必要だったのでしょう?

家庭のボイラーの煙突とは違い、工場などのから出る排ガスは

燃料によって120度から600度に及ぶ事もあります。

また、排ガスに燃焼時の化学成分(硫黄)などが含まれているため

煙突の消耗がすごく激しかったそうです。

アスベストは、耐熱性や薬品による耐久が強かったため、

アスベストを中に塗布する事で煙突の耐久性を高めてきました。

煙突の劣化を防ぐために、工場などで使用されている煙突には、丁度いいアスベストが断熱材として使われていたんです。

煙突は空気中に排気させるためにあります。

空気に乗ってしまえばばら撒くことに繋がります。

カポスタックが使われている煙突は今も5万本ある

アスベストなので今はもう断熱材として、新たに使用されることはありません。

しかし、昔からあるボイラー・焼却炉などの煙突があり煙突がある工場で、アスベストが含まれている可能性がある煙突は今でも5万本あると言われています。

カポスタックが使われていた年代は、1964年(昭和39年)から1991年(平成3年)までです。

ですが、その工場の煙突にアスベストが使われているかどうかを目視で確認することは難しいです。

現時点ではちゃんとした検査をするには、アスベストの業者に依頼するのが一番確実な方法になります。

アスベストの検査・除去工事、解体工事にお困りなら、富山県NO1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇るエイキにお任せください。

有限会社エイキへのお問い合わせはコチラ!

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

調査だけのご依頼もお待ちしております!

アスベストのついてお急ぎの方はアスベストレスキュー119番まで !

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市
魚津市
氷見市
滑川市
黒部市
砺波市
小矢部市
南砺市
射水市
舟橋村
上市町
立山町
入善町
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市
能美市
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

スポンサーリンク 

アスベストをばら撒く!?煙突アスベスト カポスタックとは
T

By T

エイキIT事業部のTです! 師匠のお菊さんに、こき使われながら日々エイキ公式ブログを更新しています! 好きなことは、のんびりすること。 苦手なものは理不尽な時のお菊さん(笑) 2人でドタバタしながら!時にはお菊さんにシバかれながら! 楽しい記事をお届けします!