故郷の空き家の解体をお望みの方・・・実家から遠い方へ

こんにちは。

今回の低気圧は台風とならず、G20と共に無事過ぎ去ってくれたようです。

それでも土砂が流れ込こんだお家もあるとニュースで聞きました。

ご無事でありますように。

スポンサーリンク

さて、時々、こんなご相談を遠方にお住まいの方から受けます。

「実家の空き家を解体したいが、大阪に住んでいて、なかなか富山に戻れない。

電話やメールでの打ち合わせだけで、解体をしてもらえないか?」

県外にお住まいの方で、お仕事や介護や子育てなどでなかなか富山に戻る機会が少ない方は多いようです。

空き家となって古くなった実家をお持ちの方は、

「お家の解体をどうしようか・・・」

「富山県に戻らず、あるいは帰省する回数を最小限にして解体できないものだろうか」

と困っていらっしゃることでしょう。

ごもっともなお悩みだと拝察します。

最低1回だけは、富山での打ち合わせを望みます。

弊社のことだけを考えると、打ち合わせは0回でも解体は可能です。

しかし、お客様のご納得と安心感を思いますと、最低1回はこちらにお越し願いたいです。

お客さまにご同伴いただき現地に参り、

我々から解体の流れを説明させていただき、お客さまからご質問を受け、

お客様のご納得の上で解体に入るのが、我々解体する者の「誠実」だと考えるからです。

お客さまからいただく嬉しい言葉、辛い言葉

 

解体後に、

お客さまから頂戴する言葉で嬉しいのは、

「分かりやすい説明を聞いて安心して任せることが出来た」

「現地で建物と付帯設備、および屋内の不用品を実際にみながら説明を受けて、その後で見積もりを出してもらい納得して契約できた」

「担当者の顔が事前に見れたので、解体中にでも気楽に電話をかけて相談できたのが安心だった」

という感想です。

逆に、

つらい言葉は、

「追加料金が発生するならば、事前にその条件を現場を見ながら聞いておけば良かった」

「今から思えば、思い出として残す物、価値あるものならば売買する物、破棄する物の選択を自分自身でしたかった」

「立木を残しておけばよかった」

というような悔いの言葉です。

残念な言葉をいただくたびに、お客さまとの事前の打ち合わせの大切さを感じます。

解体する家屋をお客様と一緒に拝見し、

お客様のご意向を充分に伺い、

両者納得の上、

解体工事に入りたいのです。

もちろん、地元にいらっしゃる方のお家を解体している途中であっても、想定外のこともあります。

・思いもしない古井戸が埋まっていた。

・図面や最初の聞き取りでは分からない箇所にアスベストが吹き付けてあった。

などです。

このような想定外のことがあることは、解体の性格上致し方ないことと思います。

直ちにご連絡しご相談申し上げます。

何よりも、工事の安全とともにお客様のご納得とご満足を第一に考えたいです。

 

富山の解体は有限会社エイキまで

”For the next generation” 次世代の為に・・・

■■■■■

富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社エイキです!

■■■■■

   -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

空き家のご相談(解体・売却など)→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

エイキ広報事業部公式チャンネルはこちらをクリック!

■■■■

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市
魚津市
氷見市
滑川市
黒部市
砺波市
小矢部市
南砺市
射水市
舟橋村
上市町
立山町
入善町
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市
能美市
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

スポンサーリンク

故郷の空き家の解体をお望みの方・・・実家から遠い方へ
昭和おじさん

By 昭和おじさん

ブログとアートが大好きです。 よろしくお願いします。 (1)ブログの特徴 ・文章が硬いです。 ・昭和の想い出や曲を書いたりします。 (2)好きなこと ・廃物を使って「再生アート」を制作。 ・架空の建物を制作 ・インスタレーション鑑賞 (3)苦手なこと ・パソコン ・運動 (4)知りたいこと ・歴史 ・物理と化学 ・経済 ・世の中の仕組み