『解体文芸』その4 ~「令和」と富山とのご縁~

こんにちは。

新年号が「令和」となりましたね。

今までの元号の出典は漢籍でしたが、今回は国書「万葉集」を典拠としました。

スポンサーリンク

今回は、「令和」と「エイキがお世話になっています富山県」とのご縁について記します。

越中の国守「大伴家持」と「高岡市万葉歴史館」

富山県高岡市には、「万葉集」を案内する歴史館があります。

「高岡市万葉歴史館」です。

建築も展示物もディスプレーも庭も立派な博物館です。

(画像引用:高岡市万葉歴史館)

さて、歌人であった大伴家持(おおとものやかもち)は、国守として越中富山に赴任しました。

赴任中に223首も歌いました。

このことが、高岡市に歴史館を建てた由来ですね。

なお、市の行事として「高岡万葉まつり」を毎年開催しています。

万葉集の全ての歌を3日間かけて歌い継ぐ行事です。

高岡市観光ポータルサイト

以下は、大伴家持に関する「高岡市万葉歴史館」のサイトからの引用です。

家持の生涯で最大の業績は『万葉集』の編纂に加わり、全20巻のうち巻17~巻19に自身の歌日記を残したことでしょう。

家持の歌は『万葉集』の全歌数4516首のうち473首を占め、万葉歌人中第一位です。

しかも家持の『万葉集』で確認できる27年間の歌歴のうち、越中時代5年間の歌数が223首であるのに対し、それ以前の14年間は158首、以後の8年間は92首です。

その関係で越中は、畿内に万葉故地となり、さらに越中万葉歌330首と越中国の歌4首、能登国の歌3首は、越中の古代を知るうえでのかけがえのない史料となっています。

令和の由来については、以下に「ニコニコ大百科」を引用します。

政府の説明によれば、令和の出典は、日本の歌集である『万葉集』巻五の「梅花の歌三十二首 序文」にある以下の文章。

「梅花の宴」として知られている場面の一部である。

白文:于時初春令月氣淑風和梅披鏡前之粉蘭薫珮後之香

書き下し文:時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。

この文章は、大伴家持のお父さんである大伴旅人(おおとものたびと)の執筆と言われています。

富山県と新元号「令和」との縁を、大伴家持を通して感じました。

エイキはこれからも解体を通じ、未来のために貢献できる企業を目指します。

富山の解体は有限会社エイキまで

”For the next generation” 次世代の為に・・・

■■■■■

富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社エイキです!

■■■■■

   -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

空き家のご相談(解体・売却など)→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

エイキ広報事業部公式チャンネルはこちらをクリック!

■■■■

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市
魚津市
氷見市
滑川市
黒部市
砺波市
小矢部市
南砺市
射水市
舟橋村
上市町
立山町
入善町
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市
能美市
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

スポンサーリンク

『解体文芸』その4 ~「令和」と富山とのご縁~
昭和おじさん

By 昭和おじさん

ブログとアートが大好きです。 よろしくお願いします。 (1)ブログの特徴 ・文章が硬いです。 ・昭和の想い出や曲を書いたりします。 (2)好きなこと ・廃物を使って「再生アート」を制作。 ・架空の建物を制作 ・インスタレーション鑑賞 (3)苦手なこと ・パソコン ・運動 (4)知りたいこと ・歴史 ・物理と化学 ・経済 ・世の中の仕組み