長年放置されていた空き家のゴミ屋敷!不用品処分工事を行いました・・・

こんにちは!
今回の依頼はエイキリサイクルサービスの不用品処分工事です。






ここのお宅は家主が亡くなられてから数年間ずっと放置されておりしかも家の中身はほぼ何も出されておらず、ぎりぎりまでここで生活をしていた感じがそのまま残っている現場でした。また、ゴミ屋敷というにはまだもの足りないかもしれませんが、まあまあの量のゴミ(不用品)が残されていました。




スポンサーリンク







有限会社エイキのリサイクルサービス事業部ではこのような、解体前の家の中の残置物である不用品の撤去処分工事を得意としております。






家の生活の中で使っていた不用品てのは結構、紙や段ボールでできたものや、プラスチックでできている製品、または完全に有価物である鉄でできている製品やアルミでできている製品もあります。






ですから、かなり多いゴミの量だと一見みえますが分別をすれば結構処分代を抑えることができます。
鉄やアルミは素人でもわかりますが、紙や段ボールも売れますし、プラスチックも綺麗なものや種類を分ければ有価になります。






そして中にはそのまま使えるもの、いわゆるリユースできるものもあるのでなんでもかんでも一気に捨てれないのです。






有限会社エイキではこのようなゴミを一旦エイキ本社の積み替え保管施設に持ち帰り一般社団法人eiki social work の障害者支援A型事業所の利用者さん達がゴミの分別を行います。






ここでは数名がゴミ(資源)を一つ一つ見て分別をしていくので意外なものもたくさん見つけ出すことができるのです。
例えば、古い株券や手形や小切手など一見ただの紙切れでも細かな作業により見つけ出すことも出来たりするので驚きです。こういったものが見つかったときは当然お客様に聞いてお返し致しております。
他にも金目のもの意外にも使えるものって結構あります!






でも、同じゴミ(資源)でも行政のゴミ置き場で普通にお客様が各自で捨てたならば、このような分別作業は行わないので
全て焼却処分に直行してしまうでしょう。






解体工事前の不用品処分や空き家管理サービスのような業務の中での不用品処分や遺品整理のことなら有限会社エイキ《リサイクルサービス》 にお任せください!
富山県内どこでも見積り、相談無料で行いますのでお気軽にお問い合わせください!











長年放置されていた空き家のゴミ屋敷!不用品処分工事を行いました・・・