木造+RC造のお家の解体工事 

こんにちは。

eikiです。

 

 

 

今回は、木造とRC造が混在したお宅の解体をご案内します。

 

 

W造とS造とRC造とSRC造の違いについて概略を。

 

建物の構造に何種類か分けられます。

家屋の場合、一番身近なのは木造ですね。

木造をW造とも言います。

 

以下が呼び名です。

●W造(Wood)……木造
●S造(Steel)…… 鉄骨造
●RC造(Reinforced Concrete)…… 鉄筋コンクリート造
●SRC造(Steel Reinforced Concrete)…… 鉄筋鉄骨コンクリート造

 

それぞれのメリットとデメリットについては、以下が分かりやすいと思います。

「RC造?SRC造?これでわかる!住宅構造の種類について」(シアーズ株式会社)

 

 

木造(W造)と鉄筋コンクリート(RC造)が混在した家屋の解体

 

写真をご覧願います。

 

まずは、家屋内部を解体した後、外側の構造だけが残った写真です。

リサイクル法に従い、ガラスや木材や瓦は現場で分別解体をしております。

内部の解体は「手壊し」のケースが多いです。

 

 

構造はユンボ(油圧式ショベル)など機械で解体します。

 

 

鉄筋コンクリート部分の解体に入ります。

 

 

土台(基礎)の解体工事に入ります。

結構の時間を必要とします。

 

 

不要なガラ(木片や大きな石など解体で出た不要物)を取り除き、更地作りが始まります。

写真の手前(左下)の薄茶色の袋はフレコンバックと言います。

ガラを入れるため丈夫に出来上がっている、なかなかの優れものです。

フレコンバックにつきましては、過去ブログをご覧願います。

「フレコンバッグと解体工事」

 

 

 

更地が出来上がりました。

なお、解体で出た大きなガラを地面の中に埋め戻し更地とすることはあってはならないことです。

その意味でも信頼できる誠実な、解体業者をお選び願います。

 

 

ご依頼主さまのご要望に応じて、更地に玉石やコンクリートを敷くなどの整地作りを行うことも多いです。

解体後に新たに生まれる土地の活用がお決まりの方も未定の方も、事前に我々とご相談いただければと思います。

エイキは不動産部門もありますので、ご依頼主さんと未来を共に語りたく思います。

 

整地についてご関心がおありの方は次の過去ブログをご覧ください。

「「更地」と「整地」の違いとは? アスファルト撤去工事を例に」

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

富山県、石川県の解体は 有限会社エイキへ

 

【連絡先】

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせ画面→「有限会社エイキお問い合わせ

使い終わった空き家お売りください→空き家レスキュー119番

解体動画を見るならココ!→ 「エイキIT事業部公式チャンネル

LINEでのお問い合わせも可能です!→「エイキ公式LINE友達追加

 

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

 

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

 

 

 

 



EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram