赤坂プリンスホテルの解体 and 富山の高層建築物一覧

こんにちは。

eikiです。

 

今回は、巨大建造物の解体について記します。

題材は、赤坂プリンスホテルです。

(2007年に「グランドプリンスホテル赤坂」と改称しましたが、本ブログでは「赤坂プリンスホテル」と記載)

 

赤坂プリンスを取り上げますのは、世界注目の解体であったからです。

 

私が若いころ、高層ホテルの豪華さが自分とは別世界のように感じていました。

高層ホテルの中が興味津々でしたが、勇気がなくロビーにすら入れませんでした。

そして30歳を過ぎてからようやく、憧れの赤坂プリンスの高層階ラウンジバーでカクテルを頼んで夜景を見た体験がありました。

 

 

それはそれは、夢の世界でした。

 

 

 

さて、赤坂プリンスホテルの解体を調べるためにいくつかのサイトを拝見しましたが、

「合同会社リアルジャパン」のサイトが私には分かりやすかったので、引用させていただきます。

 

リアルジャパンのサイト→「赤坂プリンスホテル解体について解説!」

 

 

【目次】

1.赤坂プリンスホテルの概略

2.世界が注目した高層ビルの解体について

3.解体工法「テコレップシステム」について

4.解体工事の実際(動画リンク付き)

5.跡地には「東京ガーデンテラス紀尾井町」が

6.高層ビルの今後の解体

7.富山県の高層建築物

8.富山県、石川県の解体はエイキへ

 

 

 

 

1.赤坂プリンスホテルの概略

 

開業は、1955年。

その後、1983年に高さ約140m、地下2階40階建ての新館が開業し、
赤坂見附を見下ろす姿が印象的なランドマークとなりました。
バブル時代には、トレンディスポットとして人気を博し、バブル景気の象徴ともいえる高級ホテルとして成長を遂げました。
芸能人やスポーツ選手など、著名人の結婚披露宴や記者会見で度々利用され、その様子をテレビでよく目にすることができたのは多くの人が知るところでしょう。

2011年には、「東京電力福島第一原子力発電所事故」によって避難した福島県民の受け入れ施設となり、4月9日から6月30日までのおよそ3ヵ月間被災者の受け入れをしました。

 

 
 
 

2.世界が注目した高層ビルの解体について

 

当時、話題となった赤坂プリンスホテルの解体。この解体工事を請け負ったのは大成建設・西武建設JV (共同企業体) でした。

解体する赤坂プリンスホテルの高さはおよそ140m。
これは国内で解体する建物としては最高の高さとなりました。

一般に解体する建物が高くなるほど、工事による騒音の拡散や粉じんの飛散、解体ガラ (コンクリート片) の落下等に対する対策が重要となります。
そこでこの工事に適合した解体工法として採用されたのは、「テコレップシステム」でした。

 

 

(画像引用:日経アーキテクチュア)

 

 

 

 

3.解体工法「テコレップシステム」について

 

テコレップシステムは大成建設によって、高さ100mを超える超高層建物特有の問題を解決し、安心・安全で地域環境に配慮した新工法として開発されました。

 

この工法の特長となるのは以下の通りです。

・材の外部への落下リスクがゼロになる
・解体工事のコストダウンが期待できる
・外部への騒音伝搬や粉塵飛散が大幅に低減できる
・工期短縮に期待ができる
・人口密集地域や狭い敷地、高層建物が隣接している等の立地条件でも工事が行える

 

このことからもお分かりいただけるように、この「赤プリ」解体に採用されたテコレップシステムは地域にとっても、解体工事の施主にとっても、非常に大きなメリットをもたらしたものでした。

同社はこの工法により、解体工事の概念を「壊す」から「分解する」へ塗り替えることを目標に掲げ、赤坂プリンスホテルの解体工事に臨みました。

「目立たないように美しく解体する」

テコレップシステムを導入したこの解体工事のコンセプト通り、「赤プリ」はまるで建物が静かに縮んでいくように解体されていきました。

それまで誰も見たこともないこの解体工事の様子は、国内外で当時話題となりました。

 

 

 

 

4.解体工事の実際

 

赤坂プリンスホテルの解体工事は、当初2011年9月に開始されることになっていました。

ところが、諸事情により工事開始が大幅に遅れることとなり、工事は2012年6月から行われました。

 

この解体工事ではまず、最上階の外周に防音パネルを取りつけた専用の足場を吊り下げ、建物上部に閉鎖空間をつくりました。

閉鎖空間で鉄骨柱や梁、床などを重機やガスの熱で溶断しながら解体を進めます。

こちらの作業の後、屋根をジャッキダウンするという工程を繰り返して、建物を縮めていくというのがこの解体工事のプロセスです。

 

 

既存の屋根と、足場で囲った建物上部の閉鎖空間。この中で、解体工事を進めました。
(画像:大成建設)

 

屋根と足場の総重量は、1,500トンにも及び、これをわずか15本の仮設柱で支えていました。

一度のジャッキダウンでは、建物の2階分のほどの高さ (6.4m) を下げます。このジャッキダウンには4時間ほど要します。

2階分の解体と屋根のジャッキダウンを1セットとし、この1セットの工期がおよそ10日であったといわれています。

赤坂プリンスホテルは、地下2階、40階建てだったので、都合20回のジャッキダウンを繰り返すことで地上部分の解体は終わるよう計画されていました。

こうして地上部分の解体がすべて完了すると、「赤プリ」跡地の新築工事を手がける鹿島・鉄建・熊谷組JVによって地下部分の解体が行われました。

この解体工事の完了は、2013年5月を予定していましたが、最終的には2か月後の同年7月に工事が完了しました。

 

以下の図と、写真は大成建設サイトのコピーです。

 

グランドプリンスホテル赤坂
 
 
グランドプリンスホテル赤坂(旧称:赤坂プリンスホテル)
所在地 東京都千代田区紀尾井町
用途 ホテル
構造 (地下)鉄骨鉄筋コンクリート造
(地上)鉄骨造
規模 地下:2階/地上:39階/塔屋:1階
最高高さ 138.9m
建築面積 3,098m2
延床面積 67,750m2
竣工 1982年11月
設計 (建築)丹下健三・都市・建築設計研究所
(構造)鹿島建設
施工 鹿島建設、西武建設
解体期間 2012年11月~2013年6月(予定)
解体 大成建設、西武建設

 

解体の様子

グランドプリンスホテル赤坂 解体の様子

 

 

 

【YouTube動画リンク】

 

→ニュース「40階建て新館は取り壊し 「赤坂プリンス」閉館へ」(1分17秒)

→ニュース「華麗に姿消す 「赤プリ」の解体工事が公開」(2分2秒)

海外の反応「日本には勝てない」 。「赤坂プリンスホテル」の解体方法が近未来的 オモロテレビ(11分5秒)

 

 

 

 

5.跡地には「東京ガーデンテラス紀尾井町」が

 

赤坂プリンスホテルの跡地には、「東京ガーデンテラス紀尾井町」が、2016年夏に開業しました。

 

以下の文章と画像は、「FASHION PRESS」 からコピーしました。
FASHION PRESS 

 

 

 

【東京ガーデンテラス紀尾井町とは】

 

「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、オフィス・ホテル・商業施設・カンファレンスを備える「紀尾井タワー」、賃貸住宅を有する「紀尾井レジデンス」、東京都指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂旧館)を保存しつつ、新たな機能を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」の3つの建物から成る複合市街地のこと。

 

 

 

 

 

6.高層ビルの今後の解体

 

国内にある、高さ100m以上の超高層ビルは、700棟以上。

そのうち、100棟以上が築20年を過ぎています。

天井高や耐震性能の不足、周辺の再開発などによって、改修や建て替えが増えることでしょう。

 

 

 

7.富山県の高層建築物

 

ウィキペディアをコピーさせていただきます。

順位はビルに付けています。

(出典リンクは省略しました)

 

 

  名称 画像 高さ 階数 竣工年 所在地 出典
富山新港火力発電所1号機・2号機煙突 富山新港火力発電所1号機・2号機煙突(写真右) 220.0m     射水市 省略
富山新港火力発電所石炭1号機・石炭2号機煙突 富山新港火力発電所石炭1号機・石炭2号機煙突(写真左) 160.0m     射水市  
新湊大橋主塔 新湊大橋主塔 127.0m   2012年 射水市  
1 タワー111
(インテックビル)
タワー111 120.5m 22階 1994年 富山市  
クロスランドタワー クロスランドタワー 118.0m   1994年 小矢部市  
富山地区広域圏クリーンセンター煙突 画像募集中 100.0m   2003年 立山町  
2 信開アーバンシティセントラル 画像募集中 86.0m 26階 1992年 富山市  
3 プレミストタワー総曲輪 画像募集中 85.6m 23階 2019年 富山市  
4 ANAクラウンプラザホテル富山 ANAクラウンプラザホテル富山 81.5m 19階 1999年 富山市  
5 富山市役所 富山市役所 78.8m 8階 1992年 富山市  
6 北陸電力本店ビル 北陸電力本店ビル 67.2m 14階 1989年 富山市  
7= 富山エクセルホテル東急 富山エクセルホテル東急 66.1m 15階 1992年 富山市  
7= アーバンプレイス アーバンプレイス 66.1m 14階 1996年 富山市  
9 オークスカナルパークホテル富山 オークスカナルパークホテル富山 63.7m 14階 2000年 富山市  
10 ウイング・ウイング高岡 ウイング・ウイング高岡 63.0m 14階 2004年 高岡市  
11= パティオさくら・ホテル棟 画像募集中 60.0m 18階 2018年 富山市  
11= パティオさくら・マンション棟 画像募集中 60.0m 18階 2018年 富山市  

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

8.富山県、石川県の解体はエイキへ

 

 

”For the next generation” 次世代の為に・・・

富山県NO.1のアスベスト解体工事実績、技術力を誇る有限会社エイキです!

 

【連絡先】

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせ画面→「有限会社エイキお問い合わせ

使い終わった空き家お売りください→空き家レスキュー119番

解体動画を見るならココ!→ 「エイキIT事業部公式チャンネル

LINEでのお問い合わせも可能です!→「エイキ公式LINE友達追加

 

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

 

※対応エリア

【富山県】
富山市
高岡市 
魚津市 
氷見市 
滑川市 
黒部市 
砺波市 
小矢部市 
南砺市 
射水市 
舟橋村 
上市町 
立山町 
入善町 
朝日町

【石川県】
金沢市
七尾市
小松市
輪島市
珠洲市
加賀市
羽咋市
かほく市
白山市 
能美市 
野々市市
川北町
津幡町
内灘町
志賀町
宝達志水町
中能登町
穴水町
能登町

その他エリアもご相談ください。

 

 

 

 

エイキでは現在、求人を募集しております!

詳しくはこちら↓

engage

 



EIKI,Inc.

facebook

twitter

instagram