ふつうの解体2。一軒家にかかる解体の期間について。

皆さんこんにちは。ご機嫌如何ですか?

今回も一般的な「ふつうの解体」を紹介していきたいと思います!

前回のブログでは解体作業と言うのは3つのステップからなりたっているよ!とお伝えしました。
初めに家を壊す準備作業となる「内装の撤去作業」をして、その後に「解体」が始まって、最後に「整地作業」があるんでしたよね?

スポンサーリンク

突然ですがみなさんに問題を出したいと思います!この3つのステップの中で直ぐに終わってしまう作業はどれでしょう?

実は、家を取り壊す「解体」の作業なんです!

この答えを聞いて「以外だった」と思われたことでしょう。

そうなんです。意外な話ですが全体的な作業から見れば解体の作業はちょっとだけの作業なのです。

みなさん、野菜炒めを作っているところを思い浮かべてください。
食材を冷蔵庫から取り出し、野菜を丁度良い大きさに切ってから炒めますが、この「炒めている時間」って全体的な時間に比べて数分くらいですよね?

同じく解体作業いうのも、料理のように「炒めること」よりも準備の方が時間が必要なのです。

なので、このような一見普通の一軒家であれば・・・

あっという間にこの通り!

あっという間に解体が終わってしまうので、近隣住民の皆様の負担も費用も削減する事が可能なんです!!

平均的な期間ですが、一般的な大きさの普通の一軒家であれば、7日間~10日間くらいの間ですべて完了します!

最後まで読んでくれてありがとうございます。

では、またどこかでお会いしましょう!

有限会社エイキについて

有限会社エイキは、納屋などの小規模解体から、ビルの解体まで幅広く行っております。

さらに弊社の強みとして、不動産事業部との連携により解体後の土地の活用について
ワンストップでご提案させて頂くことが可能です!

解体や土地の事でご相談があれば、一度、有限会社エイキまでご連絡くださいませ。

ご相談・お見積もりは無料です。

   -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

スポンサーリンク

ふつうの解体2。一軒家にかかる解体の期間について。
Yo!

By Yo!

解体をわかりや~すくせつめいをしていきますよー!? にがてなもの:ブルーハワイ。 少しにがてなもの:ブロッコリー。 すきなもの:ハーゲンダッツ。 卵かけごはんはぜったいにまぜない系。 特技:にんじゃ。 以上! よろしく~。