兼六園そばの民家を解体しました。

こんにちは。

今回は、兼六園近くの民家を石川支店が解体した様子をご案内します。

(当社は富山市新庄が本社ですが、金沢に支店を設けております)

(画像引用:兼六園サイト)

スポンサーリンク

兼六園と言えば、日本三名園の一つですね。

後の二つは、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園です。

・石川県作成→兼六園サイト

・岡山県作成→後楽園サイト

・茨城県作成→偕楽園サイト

ちなみに→兼六園ライブ映像サイトです。

周辺の道路

さすが金沢。

道路が入り組んでおり、狭いのです。

一説によれば、敵軍がお城に攻めにくくするために、このような道を作ったそうです。

兼六園と石川城周辺は特に狭く、物件の周辺も迷路のように折れ曲がった道が多いです。

解体前の民家

解体前に撮りました写真です。

隣家との隙間が狭いですね。

下段真ん中の赤色のキャラクター人形が気になります。

家屋の中は、趣がありました。

写真はお載せいたしませんが、立派な仏壇がありまして、解体前にお寺さんにお越しいただき供養をしていただきました。

 

解体中

まずは手作業で屋根と窓枠の撤去。

その後で屋内を解体してから、重機を入れます。

隣家との間が狭い民家の解体は細心の注意が必要です。

解体に振動・チリ・騒音は付き物です。

事前の丁寧なご挨拶はもちろん、しっかりとした養生が必要となります。

土台と境の撤去

上物の建造物が解体された後、土台と境に手を入れます。

更地

気持ちの良い更地になったと思います。

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!  

  -連絡先-  

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

空き家についてのご相談は空き家レスキュー119番まで 。 

スポンサーリンク

兼六園そばの民家を解体しました。