木造住宅の一部を解体しました!

こんにちは!今回は、木造住宅の一部を解体したいと言うお客様からの依頼がありましたので、作業の様子を写真を交えてご紹介したいと思います。

部分的な解体作業

スポンサー広告

今回ご依頼されたお仕事は木造住宅の一部の解体ですが、一般的にイメージされる解体と比べて規模が小さいので「比較的簡単なのではないか?」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれまん。

でも実際は、解体する部分と残す部分の区分けや、構造的に問題ないかなど、様々な角度からの調査が必要になってきます。小さなミスが構造全体に被害を及ぼす可能性も十分あるので、作業は慎重に進められました。

作業前に打ち合わせ

最初にこちらの写真をご覧ください!

008-t

こちらの写真の白い枠で囲ってある部分が今回解体した部分になります。今回解体する建物は浴室や洗面台の近くにあり、建物内部には水回りの配管や乾燥機や洗濯機が設置されていました。

部分的な解体を行う上で大切なのは、お客様との打ち合わせです。建物の中には何があるのか、なにを撤去し何を残しておくのか、様々なことを十分に知っておく必要があるからです。そうした打ち合わせを行って初めて解体作業を行うことが出来ます。もちろんエイキはお客様の様々な事情と真剣に向き合っていきますので、お客様にご納得の頂けるよう経験豊富なスタッフが親切・丁重に対応致しますのでご安心ください!

周りへの負担を減らすためにどんな対策をしていますか?

作業前には危険な窓ガラスを取り外し、養生シートやブルーシートで解体しないエリアを保護していきます。こうして作業中に廃材や埃、雨や風が室内に入らないよう丁重に作業が進められます。また、近隣の住民の皆様に注意をお願いしたりなど、様々な対策をしております。

完了後はどのような仕上がりになりますか?

土地や地質、環境によって様々ですが、

145

残す部分だけを綺麗に残し、お客様のご依頼通りの最適な状態に仕上がりました!これで一安心です!

一部の解体もエイキにお任せください!!

「建物の一部を解体したいけど…。」と、お困りのお客様へ。エイキは今まで様々な解体現場を手掛けてまいりましたが、私たちにとって「一部の解体」は珍しいことではありません! 現在も「部屋を持て余しているので減築したい」「使わなくなった離れの建屋を切り離したい」とった様々な理由でご依頼頂いております!
部分的な解体の事でお困りでしたら是非エイキにご相談ください!

相談やお見積りは無料です! フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

空き家についてのご相談は空き家レスキュー119番へ!

スポンサーリンク

木造住宅の一部を解体しました!