店舗の現状回復解体工事を施行させていただきました

今回は事務所と店舗で使っていたテナントを現状回復解体をしてからコンビニエンスストアに変わるという工事でした。





先に店内に残った残置物や外部に残った残置物を搬出処分してから内部の内装材の撤去を行いました。
現状回復で一番厄介な所は土間を打増ししている場合です。この現場も元々の土間コンクリートの上に15cm~20cmの土間コンクリートが打増しされていたので、建物の中にギリギリ入る重機を2台入れてブレーカーで斫りました。






スポンサーリンク








幸い他の解体しない店舗のご理解がありクレームもなく斫らせていただきました。

普通は店舗の斫り作業などでは、同じ建物内に違う店舗や会社が入っていると必ずと言っていいほどクレームが来てしまうので解体の時間を夜間にずらしたり、他の店舗が休みの日に工事をする事があります。






解体工事というのは他の工事に比べて大きな音が出ます!




例えば、斫り作業。

重機での斫りも「カッカッカッ」と響きますし、手斫り工事は「バッバッバッ」っと 連続してかなり大きな騒音と振動を伴います。そしてコンクリートを斫るのでコンクリの粉じんにも気をつけなければいけません。






または、天井材や壁材などが落ちたり、倒したりした時の振動も注意しなければいけませんね!






そして何より、近隣への挨拶などの配慮が1番大事です。先手先手で近隣の方とコミュニケーションを取ってトラブルを未然に防ぐ努力が必要になってきます!!






有限会社エイキでは今まで様々なケースの内装解体や現状回復工事・スケルトン解体を請け負ってきました。そしてたくさんのクレーム、一風変わったクレーム、理不尽なクレームなど様々なクレームに対処してきました。この経験を活かしてこれからもお客様の為に良い仕事をしていきたいと思います。






富山県内どこでも店舗や事務所などの内装解体・現状回復解体工事などはお任せください!
見積もり・相談無料で行っております!お待ちしております!!






店舗の現状回復解体工事を施行させていただきました