富山市内でコンクリート造の建物をクラッシャー工法で解体しました

今回は富山市内においてコンクリート造、いわゆるRC造と呼ばれる建物を解体いたしました。


RC造の解体と言えば気をつけなくてはいけないのが我々も業として行っている「アスベスト除去」このアスベストの心配をしなければいけないのがこのRC造や鉄骨造(S造)というやつです。


RC造でも石綿が吹付けされていない建物もあります。今回は石綿ではなく、スタイロが天井一面に貼付けてありました。
スタイロとは、簡単にいえば発砲スチロールで断熱材の役目を果たすものです。




スポンサーリンク






このスタイロが付いていたまま解体をしてしまうと、コンクリート廃材とスタイロがぐちゃぐちゃに混ざってしまう為必ず取らなければいけません。これが、結構がっつりくっついているものが多くて取るのに一苦労です!


最近では高圧洗浄で短時間に撤去できる工法もありますが、人間の手でしかうまくとれない所も必ず出てきます。
コンクリート廃材は法律でリサイクルする事が義務ずけられているのでしっかりやらなくてはいけませんよね!


有限会社エイキではこのようなコンクリート造や鉄骨造など様々な建物の解体経験があります。
解体工事をお考えの方は是非、有限会社エイキへご相談ください!
お見積もり、ご相談を富山県内どこでも無料にて承っております!

富山市内でコンクリート造の建物をクラッシャー工法で解体しました