【プチ解体】めちゃくちゃ狭い場所で立木を撤去。土間コンクリートを張ってきた。

20171214s04a

こちらの立木。

20171214s01

家とコンクリート塀の隙間に立っています。

今回はなんとこの立木を撤去してほしいとのご依頼があったので紹介します。

スポンサーリンク

プチ解体

植木や立木は、成長しすぎると枝や葉が家にのしかかり、ダメージを与えてしまう事があります。
本当に運が悪い場合ですが、家が倒壊してしまったと言う例もあります。

今回の現場はゼロ距離だったため、このまま放置していてはいけない状態でした。

立木を撤去する場合、根元からチェーンソーで切り倒す手法が用いられていますが
今回は木を倒すスペースが無かったので、木を上から順番にカットしていく方法で行っていきます。

↓木を撤去した後の写真。

20171214s02

コンクリート塀に伸びていた、ツタや雑草なども撤去されかなりスッキリした感じに。

下に木枠のようなものがセットされてますが、これはなんでしょう?

これは、土間の拡張工事でした!

20171214s03

最初は立木が生え、人が歩けるような場所ではありませんでしたが、歩きやすい通路に生まれ変わりました。

このように、小さな解体を有効に活用する事で快適な生活を生み出すことが出来ます。

エイキでは、こうした小さな解体。プチ解体も行ってます。

例えば、駐車場を広くする為に邪魔なブロック塀を解体したり、地面を平らにするために、斫り工事などを行ったりと色々やってます。

有限会社エイキについて

有限会社エイキは、納屋などの小規模解体から、ビルの解体まで幅広く行っております。

さらに弊社の強みとして、不動産事業部との連携により解体後の土地の活用について
ワンストップでご提案させて頂くことが可能です!

解体や土地の事でご相談があれば、一度、有限会社エイキまでご連絡くださいませ。

ご相談・お見積もりは無料です。

  -連絡先-  

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!  

スポンサーリンク

【プチ解体】めちゃくちゃ狭い場所で立木を撤去。土間コンクリートを張ってきた。