エイキでは空き家問題に真剣に取り組んでいます!

20170823s01

こんにちは!
富山県NO.1のアスベスト解体工事における実績、技術力を誇る有限会社エイキです!!

子供の頃、近所に空き家があったのを覚えています。

夏休みになるとラジオ体操をするために近くの公民館へ行くのですが、その通り道に空き家があったんですね。


記憶ではその土地だけ・・・

・草が自分の身長程生えていたり
・奥には藁の屋根のボロボロの平屋があったり
・庭に事故車と思われる車が置いてあったり

何か不安や恐怖を煽るような独特の雰囲気があって子供心にワクワクしていました。

今はもう、ワクワクする事はありませんが、大人になれば誰にとっても「空き家」は不安や悩みの種ではないでしょうか。



さて今回は富山市内で行った2階建て空き家の解体工事をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


空き家の解体

20170823s02

こちらが正面の写真。障子窓が破れていますね。恐らく長い間放置されていたのでしょう。

20170823s03こちらは建物の後ろです。
ツタが建物をデコレーションしたかのように覆っています。

実はツタは外壁を破壊するだけのパワーがあります。
ツタが成長して壁面を覆うようになると、重さで壁が耐え切れなくなって崩壊してしまうことさえあるんです。

ですので、「老朽化した壊れやすい空き家」と「ツタ」の組み合わせはまさに危険なわけです!

こちらは屋内の写真。

20170823s04

大抵、空き家は不用品などが大量に残されている事が良くありますが今回は空っぽでした。

下は庭の写真。

20170823s05

立木や草が成長しています。
写真でハッキリと見えるのは、わずかですが、それでもすごい量であることがわかりますね。

因みに、冒頭でお話しした古い記憶の中の空き家もこんな感じでしたね。


さて、次は一気に解体後の写真です!

20170823s06

どうでしょうか?

先ほどのような「どんより」した雰囲気と一変して、かなりスッキリしましたね!

解体後の風景をみていつも思うのですが、ついさっきまで空き家が建っていたなんて想像できないほど景色が変わるんですよね。

ところが、解体というと「取り壊し」といったマイナスのイメージが世間ではあります。


しかしこうしてみると、街の外観を”新しく”変える事ができ
さらに新たな建物を建築することにより地域の発展に貢献する事も出来るので企業としても大変やりがいがあります!


これはエイキが掲げているキャッチコピー

「For the next generation」次世代の為に・・・

こちらのメッセージに込められた想いです。


親から子 子から孫へ

代々引き継いできた家屋を
次の世代へと、新しい形に変えて引き継ぐためのスタート

それが、これからの 解体工事 の役割だと思っています。



空き家に関してエイキでは多くの実績があります!
そのままになっている空き家へのご質問ご相談などがありましたら、お気軽にお問い合わせください!


エイキでは空き家の解体を強化しております!

エイキではこの度「空き家レスキュー119番」を設立いたしました。
サービスを明瞭化することで空き家についての問題解決に力を入れて取り組んでおります!

とくに弊社の強みは解体後の土地の活用についてご提案させて頂くことが出来ることです。

解体や土地の事でご相談があれば、一度、有限会社エイキまでご連絡ください。

ご相談・お見積りは無料です!

有限会社エイキ フリーダイヤル 0120-720-252 

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

スポンサーリンク





エイキでは空き家問題に真剣に取り組んでいます!