解体初心者講座08(^T^) ~解体費用が高くなる要因~

20170818i01

こんにちは! 

富山県NO.1のアスベスト解体工事における実績、技術力を誇る有限会社エイキです!!

そろそろ受験シーズンが本格的になってくる頃でしょうか!?

親御さんも大変な時期ですよね~


受験の時期を乗り切った私から、これから受験生の方にアドバイスを!!


誘惑などの周りの声に惑わされないでください( ・`д・´)ノノ

その先には楽しい学生生活が待ってます!


以上(; ・`д・´)



↑受験の時期に「勉強しなさい」という周りの声に惑わされず、黙々と麻雀をしてたTのアドバイスでした(笑)


今回の講座は第8弾!!!


さて初心者講座06に出てきた解体料金の相場ですが

建物一つ一つ解体費用の金額差がある

ということを前回説明しました。


そこで今回はさらに踏み込んで

費用が高くなる要因

について調べてきました!


あらかじめ知っていると、解体するときに助けになるかもしれません(*´T`)

  スポンサーリンク

費用が高くなる要因

土地の面積以外にも費用が高くなる要因は沢山あります(; ・`д・´)

たとえば、昭和40年代に流行ったらしい日本式の庭!

解体するときに・・・

・庭木
・庭石
・池

などが残っている場合は、撤去代や処分費が高くなっちゃいます。

そして解体で使用する重機が入る立地かどうか!

解体するときに重機が入れない場所ですと、手作業で壊さなければいけないため、廃棄物を片付けるのも必然的に手作業になります。

手作業の場合、時間も人件費もかかってくるので、どうしても費用が高くなってしまいがちです。

IMG_0842.JPG

後は解体する建物に、コンクリートの「ガラ」や「廃材」などが埋まっている場合があります。
これは昔の業者がコンクリートの処分に埋め立てことが原因になっていることが多いです。

ここからが重要なポイントになりますが・・・

現在の法律ではそれらの廃材を地主様が処分しないといけなくなりました!

地中のガラは解体しないと分からないことも多いので 解体中に思わぬ追加料金がかかる可能性もあります。

実はこのようなケースは少なくありません(-T-;)


新築時に解体のことまで考えないので、思わぬトラブルは多いのかもしれないですね・・・

しかしエイキでは追加料金は発生しませんのでご安心ください!

無料見積もりでだした費用で何が何でもやり遂げます(-T-)/~~~ピシー!ピシー!



予告

これまでは私が知りたいことを一方的に書き倒してきましたが 

ここいらでTは読者様の声を聞きたいと思っている次第でございます(*´T`)

ということで、私に質問してみたいことはないでしょうか?


あくまで「私調べ」でよかったら、出来るだけ頑張って答えていきたいと思います(・`T・´)

そのうち講座でQ&A方式で答える機会を作ってみたいと思っています~

T宛ての質問方法は下記まで!

ハンドルネーム (必須)

質問内容

質問内容とハンドルネームを忘れずにお願いします~

                  【↓ 例題です】

2017

                  ↑【最後にクリックすると送信されます!】

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

もしも解体について不安なことがございましたらお気軽にお問い合わせください!

ご相談とお見積もりは無料です!!


フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

空き家についてのご相談は空き家レスキュー119番まで

スポンサーリンク


解体初心者講座08(^T^) ~解体費用が高くなる要因~