こんにちは。

 

寒くなりましたね。

 

20201105k05

 

時々、ほんとうに時々なんだけれど、

私の生きがいって何だろうと戸惑うことがある。

私らしく生きているかな?

それとも、人から見られる私を演じているだけなのかな?

 

堂々巡りだ。

 

そんなとき、谷川俊太郎さんの「生きる」という詩を読むことにしている。

 

 

谷川俊太郎「生きる」

 

谷川俊太郎さんの「生きる」を記します。

 

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくみ
いのちということ

(引用:ナナロク社

・初出詩集は『うつむく青年』。1971年9月:山梨シルクセンター出版部。

・新しい絵本は『生きる』。絵は、岡本よしろう。2017年3月:福音館書店。

 

 

20201105k03

 

 

そうなんだ。

悩もうが悲しかろうが嬉しかろうが、今、いま私は生きているんだ。

頼んでもいないのに、太陽さんが光を降り注いでくれる。

頼んでもいないのに、地球さんは空気を満たしてくれる。

私は生きているんだ。

 

 

20201105k02

(引用:福音館書店 絵本「生きる」

 

 

 

富山の就労継続支援A型事業所 コラーレ富山

(法人名)
一般社団法人 eiki social work

(設立)
平成26年6月

(利用者数)
12名(令和2年4月末)

(事業所名)
就労継続支援A型事業所「コラーレ富山」

(事業所番号)
1610101550

(利用定員)
20名

(事業内容)
福祉サービス業
障がい者自立支援法におけるA型事業所

(サービス内容)
産業廃棄物の分別・各種工具等のメンテナンス・PC関連など

(所在地)
〒930-0996 富山県富山市新庄本町3丁目1-13

(アクセス方法)
バス 向新庄口下車 徒歩3分

(電話番号)
076ー452ー3899

(FAX番号)
076ー452ー4025

スポンサーリンク