こんにちは。

 

風邪ひいていませんか?

そろそろ喉が痛くなる季節となりました。

 

スポンサーリンク


 

さて、いくつかのサイトで風邪予防について調べてみました。

風邪にかかりにくくするためには、次の二つが大切のようです。

 

1.身体の免疫力を高めておく。

・栄養に気をつけ、特にビタミンBとCを摂る。

・睡眠と休養をとり、ストレスを避ける。

・水分を摂り、喉と鼻の粘膜を整える。

・暴飲暴食を避け体調を維持し、免疫力の低下を防ぐ。

 

2.風邪のウイルスを避ける/防ぐ。

・うがいと手洗いで、細菌の侵入を減らす。

・人ごみではマスクをつけて鼻と喉の温度と湿度を保つと、細菌が繁殖しにくくなる。

 

ウイルスは湿気を嫌うそうです。
逆に乾燥すると繁殖しやすいそうです。

ということは、
屋内では加湿器や洗濯物を干すなどで部屋を湿らせ、
屋外ではマスクを着けて鼻と喉を湿気で潤すことが予防になると思いました。

 

 

人と深くつきあうこと 私もそんなに 得意じゃなかった

 

 

今回は、ZARDの『心を開いて』という歌詞から気付いたことを書きます。

 

(画像引用:Amazon)

(画像引用:Amazon)


 

まずは、『心を開いて』の歌詞を記します。

 

♪♪♪♪


私はあなたが想ってる


様な人ではないかもしれない

でも不思議なんだけど

あなたの声を聞いてると

とても 優しい気持ちになるのよ

(略)

人と深くつきあうこと

私もそんなに 得意じゃなかった

でも あなたを見ていると

私と似ていて もどかしい

そういう所が たまらなく好きなの
♪♪♪♪

 

全歌詞はこちらをクリック→「うたまっぷ.com」

(作詞:坂井泉水さん)

 

この曲はポカリスウェットのCMで流れていましたね。

 

・ポカリスウェットCM→「心を開いて」30秒バージョン(1996年)

・同CM→「心を開いて」60秒バージョン

・同CM→「心を開いて」香港バージョン(素敵!)

・同CM→1985年~2010年分たくさん

・同CM→大塚製薬HPの「CM&グラフィック」(最近のがたくさん)

 

20181214k06
 

 

自分なりに歌詞を解釈してみました。

 

まずは、主人公について。

・本当の自分らしさを人に知られることがちょっと怖い。

・だから、日頃は自分を隠して人に合わせている。

・そんな風だから、人と深く付き合うことが苦手なんだ。

次に、これからの変化について。

・私と似ている不器用そうな男の子を見つけた。

・彼を見ていると、「遠慮ばかりせず、自分をもっと自由に表現したらいいのに」と思う。

・そうだ、彼に感ずる気持ちは私にも当てはまることかもしれない。

・自分も彼もいっしょ。

・ということは、私の周りの友だちも私と同じ気持ちを抱いているのかな。

・いつか心を開いて、彼や友だちと話してみよう。

 

翻って自分のこと考えると、私も主人公のように臆病なところがあります。

 

「私だけが人づきあいが下手で不器用だ

「こんなことで悩んでいるのは私だけだ」

「悩んでいること自体が恥ずかしい」

 

 

でも、曲を聴いて、

こう思っているのは私だけではなく、

多くの人が多かれ少なかれ戸惑っていらっしゃるのだろうと思いました。

こう考えてみると、心が軽くなりました。

 

 

心を開いて

 

 

歌詞は続きます。

 

♪♪♪♪

 

My dream Your smile

忘れようとすればする程 好きになる

それが誤解や錯覚でも…

心を開いて

 

♪♪♪♪

 

誤解や錯覚でも・・・

心を開いて

 

そうなんですね。

心を閉じてひとりぼっちで悩んでいるよりも、

誤解や錯覚で傷ついたとしても、

心を開きたいです。

 

 

 

 

20181203k02
 

 

スポンサーリンク