スポンサーリンク

翻訳できます

【黒部市宇奈月町愛本新905-1 売り家】大自然を感じよう!

こんにちは。

 

甲子園高校野球、ご覧になっていましたか?
終盤に波乱が多い大会でしたね。

 

高岡商業高校の球児たち、前評判は五分五分に近かっただけに

中盤までは良い試合を展開していました

 
お疲れ様でした。

 

秋季大会を目指して、新チームが始動したことでしょう。

スポンサーリンク


さて、今回は黒部の大自然に包まれた売り家のご紹介をします。

 

20180822k01

物件は、宮本輝氏の小説の舞台のそばです

 

ベストセラー作家、宮本輝さんの

『田園発 港行き自転車』をお読みになったことはありますでしょうか?
2年半前に大流行した小説です。

 
富山県が舞台でしたので県内の図書館の本が予約続きで

借りにくい状態が続いたのを覚えています。

 

この小説、最初は2012年の元日から約3年間

北日本新聞に連載されました。
宮本輝さんは、小説を書くための取材として

新たに富山を10回以上訪れたそうです。

 

これが、『田園発 港行き自転車』の表紙です。

20170822k02

 

売り家は、この表紙に描かれた絵の手前約2キロあたり。


黒部平野が広がる地点に位置します。

 

表紙の中央に赤い橋が見えます。
日本百名橋に認定されている橋で、「愛本橋」といいます。

 
小説の主人公である若い女性2人が

愛本橋まで自転車で見学に行く場面が印象的でした。

 

現地の場所を交通機関で表すならば

新幹線「黒部宇奈月温泉駅」及び「黒部IC」から8キロ弱

自動車で約17分に位置します。

 
新幹線は、一時間に一本しか便がないのが残念ですが

東京駅まで2時間20分で着きます。

 
高速では東京まで約400キロメートル

5時間19分かかるそうです。

 

富山地方鉄道「下立駅」からは約3キロ

徒歩で約40分です。

 

詳しくは、次のグーグルマップを。


周囲は?

周囲には、何があるか?

 

はい、緑があります。
その緑が、実りの秋には黄金色。
冬は真っ白になります。

 

絶景です!
豊かな自然の中で暮らしたい方、お子さんを育てたい方は

ぜひ見学にお越しください。

 
田園と山並みと黒部川の清流があなたを出迎えます。

(書いていて恥ずかしいですが、本当に素敵な風景なんです)

 

さて、まずは学校のご案内を。

 

宇奈月小学校宇奈月中学校校区です。

宇奈月小学校

宇奈月小学校



宇奈月中学校

宇奈月中学校



次は周囲にある施設をいくつかご案内します。

 

・黒部市役所宇奈月サービスセンター
・中ノ口緑地公園野球場
・墓ノ木自然公園キャンプ場
・道の駅うなづき( 宇奈月麦酒館 ・ うなづき食菜館 )
・大阪屋ショップ宇奈月店
・野島医院
・船見郵便局

 

なお、『田園発 港行き自転車』には下巻があります。
上巻の夕方が表紙になっています。
ロマンチックな情緒が漂う絵ですね。

 

『田園発 港行き自転車』の

富山県限定YouTube宣伝にも富山県の風景が出てきます。

20170822k05

実は、この赤い愛本橋の向こうが宇奈月温泉です。
温泉街には無料の足湯「おもかげ」があります。
足ふき用のタオルをご持参ください。

 
物件から自動車に乗って約15分、

ぽかぽかの足湯で温泉気分を楽しめますよ。

 

もう一冊本の紹介をさせてください。

 
同じく宮本輝さんの芥川賞作品「蛍川」です。
こちらも富山県を舞台とした幻想的な小説です。
三國連太郎さん、十朱幸代さんで映画化もされています。

 

なぜ宮本輝さんが富山県を舞台にした小説を書かれたかというと

富山に住まわれていたことがあったからのようです。

 
「宮本輝公式サイト」によると、こんなことが書かれていました。

 
1956年(昭和31年)9歳
富山市豊川町に転居。富山市立八人町小学校に転入。
父の事業のための転居。

しかし、事業は思わしくなく、夏には父一人、大阪に戻った。
母と二人、富山市大泉本町に転居。
都会育ちの孤立しがちな少年であったが、やさしい荒井先生との出会いがあった。

 

 

留意事項です

 

写真をご覧いただけましたらお分かりになるかと思いますが

家屋には修繕が必要です。

 
また、敷地の一部を賃貸しています。

 

価格相談が可能ですので、ご関心をお持ちになりましたらご連絡ください!

 

 

物件詳細はこちら!→マイソクセット

ご興味ございましたら是非、エイキFUDOSANまでご相談ください!
 

 

空き家そのままになっていませんか??

空き家活用のご相談は「空き家レスキュー119番」まで!!

 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ