煙突の解体を行いました!

スポンサーリンク



こんにちは!今回のお仕事は、煙突の解体を行いました!ということで今回は煙突の解体を紹介していきます。

煙突解体の工法

煙突を解体する際の工法としては、人が直接煙突の中に入って内部から解体していく人力解体、重機を使って外側から解体していく重機解体、そして輪切りにした煙突をクレーンで降ろし、最後に重機で細かく解体していくワイヤーソー解体などがあります。これらが煙突を解体する際の主な工法です。

今回の解体の工法は人力解体でした、なのでまず人が煙突の上まで登っていくための足場が必要になります。

2014-05-20 16.18.14
写真のような足場を組んでいくところから作業がはじまります。そして皆様に見ていただきたいのが煙突の高さから見た周りの景色です。

2014-05-28 08.22.45
どうでしょう?この写真だけでもいかに高い場所で作業をしているかがお分かりいただけるかと・・・人が転落するような事故や落下物がないよう慎重に作業を進めなければいけません。

煙突解体の注意点

煙突を解体する際の主な注意点についてですが、まずダイオキシンやアスベストなど危険物質の散乱です。他には煙突の倒壊そして作業員の落下事故です。これは他社での出来事ですが過去に、作業員が倒れてきた煙突の下敷きになってしまったという事故もあるそうです、想像するだけでも恐ろしいですね・・・。煙突の解体というのは一歩間違えば命を落とす危険もあるということです。

ダイオキシンについて

アスベストに関しては過去のブログ記事にも詳しく掲載されているのでそちらをご参照していただきたいのですが、ここで解説しておきたいのがダイオキシンについてです、ダイオキシンは、塩素を含む物質が不完全燃焼してしまうことによって発生する、人体に有害とされる物質です。なのでそんな物質が散乱したとなると大惨事なので高圧洗浄などを用いて確実に除去する必要があるのです。危険物質の散乱というのは、事前に念入りに調査せずに解体を始めてしまうとこのような事故が起きてしまうわけです。ですがエイキでは事前の調査もしっかり行ってダイオキシンやアスベスト等の危険物質の対策をしております!

様々な危険も伴いましたが、慎重に作業を行い無事に事故もなく解体を終えることが出来ました!
煙突の解体もエイキにおまかせください!危険物質の事前調査はもちろん!事故のないよう慎重かつ迅速に解体を行います!お見積もりご相談は無料です!お困りの方は是非お電話ください! フリーダイヤル 0120-720-252


スポンサーリンク

煙突の解体を行いました!