富山市内で住宅を建てる為に重機作業で鉄骨造(S造)倉庫を解体する工事を受注しました

こんにちは!
今回の解体工事は富山市内で住宅を建てる為に重機作業で鉄骨造(S造)倉庫を解体する工事を受注しました。






この解体現場の隣に2件の分譲地がすでにあり販売が開始されているところでした。
その横でほぼ同じくらいの坪数の敷地に鉄骨の倉庫が建っており、それを某ハウスメーカーに売却された後の受注でした。




スポンサーリンク





鉄骨造の解体手順としましては・・・
まずは、建物内の残置物を撤去します。今回はもともとが大工さんの倉庫として使っていたらしくいらなくなった木やちょっとした道具がたくさん残されていました。それを再利用するものと処分するものを分別しました。






次は鉄骨造の内部の内装解体です。
倉庫で使っていた建物だったので、中は木で作った棚や物置が作られていました。






それが終わると重機の鉄骨カッターで上屋を解体します。鉄骨の倉庫の場合通常、屋根は鉄骨だけで作られていることが多いのですが今回はスラブと言うコンクリートが乗っかっていました。
重機で噛んで行く時は必ず散水をしながら行い、粉塵が舞わないよいにします。






最後に基礎の解体です。鉄骨造の場合木造住宅などより基礎が大きく、地中梁があるものもあります。
地中梁は鉄骨カッターではなく、クラッシャーと呼ばれる破砕機で壊します。
ところどころを噛みちぎりながら、重機で持ち上がる大きさにしてから、最後はバケットでダンプに積み込んで行きます。






鉄骨造解体の場合、上屋より基礎部分のほうが解体作業的に難しいと思います。
今回も地盤が緩く、雨が多く降ったこともあり地盤改良をしなければ解体が難しい場所でした。






地域によって最初から地盤が緩いかどうかわかる場合もありますが、やってみないとわからないケースのほうが多いので
本当に解体工事というのは、同じ解体が二度とない難しい業種だとつくずく感じさせられましたね〜。






有限会社エイキでは鉄骨造の解体をはじめ、鉄筋コンクリート造、木造住宅、プレハブ造、軽量鉄骨造、土蔵
ありとあらゆる構造物を解体しております。






解体工事のご用命であれば エイキ にお任せください!
富山県内見積もり・相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください!お待ちしております!!












富山市内で住宅を建てる為に重機作業で鉄骨造(S造)倉庫を解体する工事を受注しました