富山市中心部で間口がコンクリートブロックで塞がれている住宅の木造解体工事を施工致しました

こんにちは!
今回の解体工事は富山市の中心部で間口がコンクリートブロックで塞がれている木造の住宅を解体させていただきました。








スポンサーリンク








いままでの解体工事物件の中でも割と珍しい門柱があって、塀で囲まれているお宅で、塀の中には庭もありました。
こうゆう現場の場合はまずは、いつもどおり内部の残置物である不用品の処分を行なってから内装解体〜瓦を下ろします。





この現場の場合は屋根材がコロニアル屋根(アスベスト含有・レベル3)だったため、石綿含有建材として法令遵守で処分を行いました。





次はいつもなら大型の重機を入れて解体していくところですが・・・






今回は先に塀を手で縁切りしてから、小さい重機と一緒に塀と門柱を解体してしまいます。
学校の近くということもあり極力大型の重機を道路にいる時間を少なくしたかったので半日くらいの仕事であったので小さな重機で行いました。






次に大型の重機を庭を撤去しながら一気に敷地内に突入し家屋を解体していきました。






さらにこの現場は両となりが近くに立ち並んでいたため、両側の養生が必要でした。
しかし、養生を万全にして細心の注意を払っていたのですが、振動でお隣の境界ギリギリのところにあったタイルが割れてしまう失敗をしてしまいました。






そこは、当たり前ですがこちらでしっかり補修をさせていただきました。






やはりどうしても振動による破損はたまに起こりうることなので様々なケースの補修にも対応させていただいております!






有限会社エイキではいままでの経験を生かしていろんな補修やクレームになんとか対応してまいりました。
その経験を今後の解体工事に反映させ、より良い施工品質を目指して日々精進しております!






富山県内で木造家屋やRC造、鉄骨造などどのような家屋でも解体工事を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください!
お待ちしております!











富山市中心部で間口がコンクリートブロックで塞がれている住宅の木造解体工事を施工致しました