富山市で鉄骨造3階建ての住宅・車庫・ブロック塀などの解体をしました



富山市内で鉄骨造(S造)3階建ての住宅や車庫、家の周りを囲んでいたブロック塀の解体を行いました。

この現場は2月頃に解体した現場でした。
まだ雪もちらつき寒い中での解体作業となりましたが今年はそんなに雪が多く降らなかったお陰で
雪の影響はさほどなかったかと思います。
が・・・
上屋の解体は問題なく終わったのですが、基礎と地中梁の解体の時に、かなり苦戦した現場でした。




スポンサーリンク






その理由は、この時期雪は降らなかったですが雨がひどくてやられました・・・
この建物は隣がマンションで、勾配がマンションから住宅のほうへと向いていたため
マンションの雨排水が全て住宅側へと流れこんできたのです。

しかも、排水の配管がいちようあったのですが、解体物の真下を通っていたため
配管は壊れてしまい現場に水が入り込んで一時騒然とした状態になってしまい
基礎や地中梁を撤去するのにかなり時間がかかってしまいました。

地盤が柔らかくなってしまったため、身動きがとれなくなってしまったので、ロードマットで足下を固めて
水の逃げ道を川のように作り水を迂回させました。
そして、ロードマットを巧みに使い移動させながら地中梁の撤去をなんとか終わらせる事ができました。

最後に天気の良い日に配管を急いでつなぎ、整地をしてなんとかかんとか現場を終了する事ができました。
このような経験は無かったので正直焦りましたが
今回工事を最後まで遣り切る事ができて本当に良かったと思います。

何事も経験が全てだと改めて考えさせられた現場となりました。
これからも経験を生かしいろいろな解体工事に活かしていきたいと思います。

富山市で鉄骨造3階建ての住宅・車庫・ブロック塀などの解体をしました