富山市の2階建て木造解体工事の工事手順についてご説明致します

富山市太郎丸付近にて2階建ての木造住宅を解体いたしました。

2013-12-22 11.34.52

まずは、この現場は近隣に保育園がある現場で歩道に面している住宅だったことから朝や夕方の子供の出入り時間のリサーチを行いご迷惑をかけないように配慮し外周の養生も多く囲いました。

 2014-01-22 07.59.30

始めに搬出経路である玄関の前にダンプを入れるために邪魔であった車庫を撤去しそして普段どうりに始めに家の中の残置物を搬出し内装材の撤去搬出 次に瓦をおろします。

 

建設リサイクル法に従い、分別解体が当たり前となっています。

今回の物件は外壁がモルタルであったため重機解体をしながらの手選別を並行して行いました。

 2014-01-22 07.58.50

上屋の木くずの搬出が終わると次に住宅基礎を撤去搬出です。

そして住宅の周りに植えてある樹木の撤去や塀や土間も撤去し

2014-01-27 10.36.03

最後に整地を行います。




スポンサーリンク







最後の整地が汚いと、お客様はたかが解体工事といえど喜んではくれません。

特に境界や基礎の際などがデコボコになっていたり玉石などが表面にたくさん出ていたりするとせっかくの整地作業も台無しになってしまいますので注意をしております。

2014-01-30 08.11.35

 

この現場に関しては解体後に新しく住宅を建てることが決まっていたので関係はありませんがしばらく更地にしておく場合や売りに出そうとお考えの客様へはグラウンド様の土や砕石での敷きならしなど、更には杭やポールに鎖やロープを張ったり看板などのご要望にも対応しております。

 

富山県内で解体工事をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

誠心誠意対応させていただきます。

 

 


富山市の2階建て木造解体工事の工事手順についてご説明致します