山室中学校横の木造解体

こんにちは。
今回の案件は解体する敷地が中学校と隣接している場所でした。


中学校ということもあり、工事期間中に
大事な生徒に迷惑がかからないように注意をしていましたが
グラウンドのフェンスが高く立っており
生徒があまり解体工事に興味を持たなかったのか
何事もなく工事を終える事ができました。


今回はたまたま現場が行き止まりの所にあったため
生徒の通学路の邪魔にはあまりならなかったようです
もしも通学路であれば、ダンプの侵入時間を通学時間とかぶらないようにしたり
場合によっては、交通誘導員をつけたりしなくてはならないと思っております。


解体工事の途中は夜間に誰でも工事現場に侵入する事が可能なので
なるべく半壊の状態や風で廃材が飛ばないような配慮や
現場内に入らないように看板やカラーコーンなどで仕切りをしたり・・
できる限りのリスク管理を心がけております。


今後も地域の皆様に迷惑がかからぬ様努めてまいりたいと思います。。


山室中学校横の木造解体