お客様からクレームを頂ました

こんにちは。


今回の案件は、富山市内の木造2階建ての解体工事。
ご依頼の頂いたのは、東京都にお住まいの息子さんからの問い合わせでした。


富山の実家暮らしのご両親のご自宅をマンションに住み替えるタイミングで
解体してしまいたいとの事でした。


見積もりや打合せ、近隣への挨拶や対応は何事もなく進めることができたのですが、
工事は月曜日から土曜日で終わらせる予定で、予備日で月曜日までかかるかもしれない
と、打合せでは話をしていました。しかし、その週に強風や竜巻警報が出てしまい
大事を取ってその週の2日間を明ける事にしました。


もちろんその旨を説明し工期は伸びる事の事情は伝えました。
ここまでは良かったのですが・・・




スポンサーリンク






東京にお住まいの息子さんは当初月曜日に解体後の確認をしにくる予定でした。
こちらとしては工期が伸びる事を説明したつもりではいたのですが、
お客様がわざわざ遠方から確認に来られる月曜日の日程を、「一旦ずらされてはどうですか?」と提案をしていなかった為、お客様は月曜日にはある程度終わっているものと思っていたらしく・・・
と同時に私たちは、お客様の仕事の都合で最初から月曜日しか来れないのだと、思い込んでいました・・・
結果、お客様はわざわざ遠方から飛行機に乗り、ホテルを予約し来られたにも関わらず、
最終的な確認を出来ないままにお帰りになられてしまったのです・・・


お怒りになるのは当然ですし、申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。


せめても、精一杯誠意を見せようと月曜日に出来るだけ工事を進め少しでも納得してもらおうと
頑張った結果、なんとかある程度までメドが付き多少は納得して頂いた形にまでこぎつけれたと思いますが・・・


今回の事を教訓にし、同じような失敗をしないように、
打合せ内容の確認や、言葉の捉え方の違いなど
細心の注意を払ってお客様に接して、不快な思いをさせないようにしていきたいと考えております。。

お客様からクレームを頂ました