鉄骨造と木造納屋解体工事

こんにちは。今回の案件は手前に鉄骨造後ろに木造の納屋がある解体工事でした。


鉄骨部分にはアスベストが吹き付けてあり
まずは鉄骨部分の内装解体を行い、アスベストの除去作業そして鉄骨造を先に重機で
解体し,最後に後ろの木造の納屋を解体しました。


この現場は手前におおきな井戸がありましたがしっかりとメクラをして
またいつか使う事があった場合の為に、設備屋に依頼しきれいに納めました。




スポンサーリンク







また、現場の前の小さな水路が現場打ちの溝で
解体中に決壊し、水がひっきりなしに入ってきてしまい、水中ポンプで丸2日ほどずっと水を吸い出していました。もしもポンプで吸い出していなかったら現場はプールのようになっていたと思います。本当に大変な現場でした。


解体工事をしていれば、様々な思いもよらない事が多々起こります。
その状況に応じて対処できるのは経験しかないと思います。
日々精進して参りたいと思います。

鉄骨造と木造納屋解体工事