富山市内の密集地に建つ鉄骨造3階建の解体工事

こんにちは。
今回の解体物件は街中の密集地に建つ鉄骨造の3階建の建物でした。
このような狭い空間での解体は本当に難しく、機械の座る場所も狭くギリギリの状態での解体作業になりました。




スポンサーリンク






それでも、エイキNO,1オペレーター(自称)の腕と
相番(重機で切りきれない部分をガス切断によってオペレーターを助けるガス切断工)の
活躍により かなり近隣が接近していた所も多かったにもかかわらず、どこも壊すことなく無事に解体を終了出来ました。

このような解体はオペレーターと相番の技術はもちろんのこと、なにより信頼関係が大事だと思います。

まずもって、安全を最優先に考え 次に法令順守しながらスピーディに工事を進めていく事ができるのも
この要の2人の教養と技術そして信頼関係があってこそだと思います。
もちろん同じ現場で2人をサポートする方も同じくらい重要です。

本当に、名実ともになる日も近いと感じると共に
たくさんの人財に恵まれている事に感謝です。

富山市内の密集地に建つ鉄骨造3階建の解体工事