木造と鉄骨造の解体工事

今回の物件は木造2階建と鉄骨造3階・一部4階建の解体工事、さらに鉄骨部分にはアスベストの除去工事も付随していました。

 

まずは 木造住宅の解体を先行して大型重機と大型ダンプが入れるように段取りし
次に鉄骨造の内装解体を行い、アスベストの除去工事、そして最後に鉄骨造を大型の重機で解体をする という手順で工事を進めました。




スポンサーリンク






解体工事と言えど 何事にも順番があり手順を間違えば大幅に時間やコストがかかってしまい、危険な作業に繋がり兼ねません。

 

また、解体工事においては80m2以上の解体の場合は役所へ7日前までにリサイクル法を提出しアスベストに関しては14日前までに施工計画書を市町村や県、労働基準局へ届出をださなくてはいけません。
その他にも 工事に道路が差支える場合は道路使用許可を警察署に届出、電気線の撤去は電力会社、電話線はNTT
へ、ガス官の切離し・回収はガス会社へ・・・
水道の名義変更・下水道の休止届出は水道局、浄化槽や汲み取り式の場合はその地域の許可を持ったし尿汲み取り業者への委託
近隣への挨拶回り、廃材マニフェストの管理 などなど 様々な段取り・業務があります。

 

エイキではこのような一連の業務を効率的にマニュアル化し構築してきました。個人のお客様はもちろん、ハウスメーカーなどBtoBのお取引先様にも煩わしさを感じさせない努力を行なっております。特にアスベストに関する知識においては自信を持って対応させて頂いております。
今時は全て当たり前の事だ、と笑われてしまいそうですが まずは型にはまり当たり前の事を当たり前に行い、次に型を破りさらにお客様に喜んで頂けるサービス、プラスαを提案し続けることが使命だと考えています。

木造と鉄骨造の解体工事