リフォーム業者「ビルディングの内装解体って大変。」解体業者「重機使えば?」

こんにちは。今回は、高岡市でビルディングの内装解体を行いました!

内装解体とは、どういうものかと言うと…。

20180115s15

このような感じで、内装の設備とか、仕切りなどの不要な部分を撤去する作業の事です。

よく、解体やリフォーム工事の前に家の中の物をすっからかんにしますが、このすっからかんにする作業が内装解体にあたります。

この工事、例外もありますが、解体業者だけしか行えない特別な工事でありません。

なので現場によっては解体業者が行う事もあれば、リフォーム業者(大工さん)が行う事もあります。

しかし、内装解体の範囲がビルディングだったらどうでしょう?

リフォーム業者や大工さんでは、広すぎて時間がかかってしまいますね。

技術的な分野も持っている道具やノウハウも異なります。

つまり、私たちの出番と言う事です。

エイキ内装解隊出動!

今回の現場の写真。全体は写っていませんが凄く広いです。写真からも雰囲気的に伝わればいいのですが。

広すぎるので、

このような感じで、小型の重機を入れることで、効率的に解体する戦略です!

もちろん、解体業者たるもの建物の耐久性と安全面を考慮してやってます。

重量で床が抜けたりするような事は無いので大丈夫です。

これは、床のタイルを剥がす斫り(はつり)作業です。重機でガンガンハツって行きます。

こちらは人力で。狭いスペースなどは人力で剥がしていきます。

このように、内装解体を着実に確実に進めて行きます!

これぞ、「重機と人力のチーム連携」といったとこでしょうか。

以上です!

有限会社エイキについて

有限会社エイキは、納屋などの小規模解体から、ビルの解体まで幅広く行っております。

さらに弊社の強みとして、不動産事業部との連携により解体後の土地の活用について
ワンストップでご提案させて頂くことが可能です!

解体や土地の事でご相談があれば、一度、有限会社エイキまでご連絡くださいませ。

ご相談・お見積もりは無料です。

  -連絡先-   

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

使い終わった空き家お売りください→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

スポンサーリンク

リフォーム業者「ビルディングの内装解体って大変。」解体業者「重機使えば?」