いまにも倒壊しそうな建物シリーズ第2弾(短編)

20171217s02-1a

こんにちは!
今回は「いまにも倒壊しそうな建物シリーズ第2弾(短編)」と言う事で、老朽化して危険な現場をご紹介いたします。

倒壊寸前の建物をレビュー

以前のブログで、老朽化した建物の危険性についてお話しました。

20170916s33

老朽化し台風が来たら剥がれてしまいそうな錆だらけの木造住宅解体しました。

老朽化すると雨風で壁が剥がれ落ちたり、突風で住宅の一部が飛ばされたりと、非常にリスキーであるとお伝えしましたが、、

もしも、こうした老朽化した建築物を放置して、放置して、、、ずっとそのまま放置するとどうなるでしょうか?

↓こうなってしまいます

20171217s02-1

もう、、、人が中に入れる状態ではありませんでした。

この建物。一体、何に使われていたのでしょうか?倉庫なのか?カーポートだったのか。予測が付きません。

枯れた植物が建物を覆っており、すごく雰囲気出てますね。

でもコレ。まだ、崩れていないだけマシなんです。

いつか別の記事でお伝えしようと考えていますが、ご依頼の時点で老朽化して崩れてしまっている現場も見受けられます。

その場合、多く分別に時間が掛かってしまったり予測不可能な部分があるので大変なのです。

放置していたとしても建物が崩れてしまったら、持ち主の方も悲しい気持ちになりますよね。

周囲の方々もかなり心配されますし。

もしも、老朽化して危ない建物をお持ちの方は、是非早めの解体をお勧めいたします。

ご不安な事があればなんでもご相談ください!

先ほどの現場ですが、うちでしっかり解体をされ整地されてます!

20171217s02-2

有限会社エイキについて

有限会社エイキは、納屋などの小規模解体から、ビルの解体まで幅広く行っております。

さらに弊社の強みとして、不動産事業部との連携により解体後の土地の活用について
ワンストップでご提案させて頂くことが可能です!

解体や土地の事でご相談があれば、一度、有限会社エイキまでご連絡くださいませ。

ご相談・お見積もりは無料です。

  -連絡先-  

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック! 

空き家のことでお困りの方はこちらも必見です→「空き家レスキュー119番

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!  

スポンサーリンク

いまにも倒壊しそうな建物シリーズ第2弾(短編)