10万円、損していませんか? お気軽、部分解体のお勧め

こんにちは。

富山県NO.1のアスベスト解体工事における実績、技術力を誇る有限会社エイキです!!    

スポンサーリンク

   

money_fly_yen

富山は今朝、雪が積もりました。
冬ですねえ。

毎朝、布団から出るのが辛いです。
とは言ってもおしっこはしたいし、出勤の時間は迫ってくるし、、、。

さて、皆さんはスタッドレスタイヤに換えましたか?
お若い方はご存じないかもしれませんが
スタッドレスタイヤが出来る前はスパイクタイヤに履き替えていました。

このスパイクタイヤ、道路を削るので公共財の破壊となる上に、粉じんをまき散らしていました。

1990年代前半に、スパイクタイヤは原則、スタッドレスタイヤに置き換わりました。
スタッドレスタイヤ開発とヤモリとの関係は、→こちらをクリック

ウッドデッキを解体

まだ暑さが残る頃でした。

「かっ、どんな暑さよ。ええっ、まだ夏かよ? もう秋やろがい。いい加減すずしくなれっちゅーが!」

今となったら、贅沢な愚痴ですね。暖まりたいですよ。

ご依頼があり、ウッドデッキの解体に伺いました。
こういう「部分解体」、エイキは得意なのです。

解体前と解体後の写真を載せますね。

20171121k03.JPG

20171121k04.JPG

わずかな部分解体でも、日曜大工では難しいものです。

時間はかかるし、危険だし、次の日から一週間は腰痛が続くし・・・・。
なにより、おっくうですね。

こんな時には、お気軽にエイキにお電話ください!
嘘のようにすっきりと解体いたします。

 

10万円の無駄遣いをなさっていませんか? 機会損失の観点から

ビジネス用語で「機会損失」という言葉があるそうです。

機会損失とは、売り手の理由で取引が成立せずに売り上げや儲けが減少することです。

機会損失はチャンスロスとも呼ばれます。儲けるチャンスがあるのに、それを逃すことです。
この損失は実際の売買や取引によって生じた損失とは違います。

もしもちゃんとした決定と行動ができていたら利益を得られたはずなのに
決定と行動を取らずに生じた損失です。

この「機会損失」とウッドデッキ解体にどんな関係があるのか?

不要なウッドデッキを解体しないとします。

ウッドデッキの広さを2坪とすると、自分の大切な敷地が2坪失われていることと同じですね。

土地価格が仮に1坪当たり5万円ならば、2坪で10万円が使われずに
無駄になっているということになります。

(東京の人気住宅街ならば1坪200~400万円はしますので、2坪で400万円~800万円の損失にあたります)

土地の無駄イコール損失です。
本来は便利な用途に使えたはずの土地が、無用な建築物で使用できなくなっているのは
実にもったいない損失です。

せっかく購入なさった土地ですから、狭い土地であっても有意義にご利用なさり生き返らせたいです。

その意味では、解体は生き返らす作業だと思います。

不要品があるお部屋は、150万円の損かも

ほとんど使っていないお部屋はありませんか?

使わなくなったテーブル・椅子・タンスなどの家具
書籍雑誌・日用品・数年間手を付けたことがない品々、使わない台所用品、、、、、、。

このような不要品が集まってきて物であふれているお部屋。

もしも6畳のお部屋が不要物で占められているとすると
機会損失は150万円になると思います。

一坪の建築費用は50万円とするならば、6畳(=3坪)で50万×3坪=150万円となりますから。

このお部屋の不用品を捨てると、150万円分の価値が新たに生まれることになります。

お家の不用品を捨てて、150万円分の価値を生みませんか?

不用品の片付けにお困りでしたら、エイキの便利屋にお声をかけてください。

エイキ便利屋サービスでもお受けしておりますのでお気軽にご相談ください!

フリーダイヤル 0120-720-252

解体、および部分解体のご相談は、有限会社エイキまで。

お気楽にどうぞ!

フリーダイヤル 0120-720-252
メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

空き家についてのご相談は空き家レスキュー119番まで 。 

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!  

スポンサーリンク 
 

         

 

10万円、損していませんか? お気軽、部分解体のお勧め