現場の声。営業の声。広報事業部がエイキ流の働き方を尋ねてみました。

こんにちは。

富山県NO.1のアスベスト解体工事における実績、技術力を誇る有限会社エイキです!!    

スポンサーリンク

   

この夏、台風・長雨の被害をテレビでよく観ました。

九州では多くの方々がご自宅に戻れなかったなど
暑い中、ご不安と避難生活を思うと切なくなります。

各種肉・海の幸・野菜
各種肉・海の幸・野菜

さて、今夏エイキでは暑気払いでバーベキュー。
エイキソーシャルワークと合同で、30数名が集まりました。

会場は、船橋村「湯めごこち」バーベキュー広場です。

20170808k02 (1)

広々とした芝生の庭でのバーベキューは、開放的な気持ちになれます。

ハリウッドのスターはプール付きの自宅で毎晩パーティーを開くのでしょうね。
お知り合いの方がいらっしゃたらご紹介ください。
航空券付きでお願いします。
(湯めごこちは、天然温泉に入れます。泳ぐことはできないそうです)

牛カルビ・豚トロ・豚バラ・鶏モモ・ホルモン
ホタテ貝・海老・イカ・玉ねぎ・ニンジン・ピーマン・キャベツ・しいたけ。
もちもち太麺の焼きそばに冷えたビール。

・・・・・紅葉の頃、また来たいです。
その頃は、サツマイモを焼きたいです。

和やかな空気の中
広報事業部が現場、営業のメンバーへ思い切って
「エイキ流の働き方」をテーマにインタビューしてみました。

解体現場リーダーの働き方

さて、ここからが広報事業部から各部署への
質問コーナーです。

まずは解体現場。

エイキの各現場にはリーダーがいます。
きさくで朗らかなメンバー。
腕の筋肉がまぶしいです。

現場の日々の話を聞きましたので、羅列しますね。

  • 事前に近隣の方々に「工事の説明」と「音と振動とホコリが出るお詫び」についてご挨拶にあがりますが
    実際に工事が始まると、「こんなに騒音がするとは思わなかった」と言われることがあります。
    ご迷惑をおかけしていることをただひたすら謝ります。

  • 工事が始まると、近所の方々が見学に来られます。
    そして、目の前の工事内容だけではなく、家に関するいろいろなことをお尋ねになります。

    樹木の伐採のこと、草刈のこと、ハチの巣のこと
    家内の不用品の回収処分のこと、邪魔になった塀のこと、雪下ろしのこと、、、、。


    工期が遅れない限り、相談にのることが多いです。
    エイキの便利屋部署につなぐことも多いです。
    目の前の仕事とは直接関係がなくとも
    近隣の方々との何気ないお話こそが信頼につながると信じるからです。

  • 重機・工具・不要物の置き場所は常に整理整頓に努め
    毎日近隣で生活する方々が不愉快な気持ちにならないことに配慮します。
    また、構造物の解体が終了した後の更地整備に力を入れ、実態も見た目もきれいにします。
     
  • 「有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!   」
    これがエイキが決めた新しいモットーです。

    確かに「工事をしっかりすることが一番重要だ」という職人気質は建設業では大切なことです。
    しかし、これからの時代、「工事の出来さえよければいい」という仕事ぶりでいいのだろうかと思います。

    お客さまと近隣の皆さまに気持ちよく感じていただけるよう、服装・挨拶・言葉遣いに気をつけていきたいです。
    今は、その大切さを現場の皆に理解してもらおうとしている最中です。

  • 仕事で最も嬉しいことは、見学にお越しの近隣の方から「うちも何か解体するときは
    「お宅に頼みたい。名刺ちょうだいよ」と言われた時です。

    自分たちの仕事が認められたようでやりがいになります。

20170825k02

 

営業の働き方

解体の営業メンバーも様々です。
中には解体現場で何年も勤めた体験があるメンバーもいます。

それだけに、お客さまからのご相談にはお客さまの立場に立って提案できる点が
エイキの営業の強みであると思います。

こちらも、営業担当から聞きました業務の話を羅列させていただきますね。

  • お客さまからのお問い合わせで多いのは、一番に価格。
    二番に工期の速さ。そして更地になった後の使途です。

  • 価格については、エイキは価格競争で勝つことを優先はしていません。
    無理をすれば、低価格でやってやれないこともないかもしれませんが
    丁寧な仕事・近隣にご迷惑をかけない仕事を大切にしたいので
    無理に見積もり額を値下げすることはしません。

  • 工期については、できるだけお客さまのご都合に合わせるように日程をやり繰りします。
    信頼できる協力会社と打ち合わせしたり、社員の臨機応変な工夫を求めます。
    しかし、何よりも工事と人の安全が大切ですから、無理・無茶はしません。

  • 更地になったあとのことを相談されるお客さまもいらっしゃいます。
    エイキには不動産部署がありますので、その部署につなげることが多いです。

  • 工事現場近隣の方々から苦情のお電話をいただいたときは、
    すぐにお詫びに上がります。
    どんなに遅くともその日の内には伺います。

  • お客さまからいただきました仕事の責任者は営業担当になりますから
    お客さまのクレームはエイキへのありがたいご助言と考え
    二度と同じことを繰り返さないように現場を指導します。

  • まれにエイキのドライバーへのお叱りのお電話がかかることがあります。
    トラックに塗装してある電話番号が営業の番号だからです。
    つどつど、根気よくドライバーに注意します。

  • お客さまは三人三様で、工事の細かい説明を求める方もいらっしゃれば、
    結果だけを求められる方もいらっしゃいます。

    お客さまが何を気にし何を大切になさっているかを理解するように努めていますが
    これだけはお客さまお一人お一人ご事情が異なりますから
    お客さまが求めていらっしゃることを勉強する毎日です。

    手慣れた日々の仕事であるからこそ、我々が気付かないことがあることでしょう。
    一期一会を大切にして皆さまから学ぶ気持ちを持ち続けたいです。

  • 営業に向いている人柄ですか? これは人それぞれです。
    我々メンバーは皆、全く雰囲気が違います。

    私は人情を大切にしてお客さまの懐に飛び込んで信頼を得ることに努力するタイプです。
    でも、他のメンバーは仕事内容を丁寧に説明することでお客さまと関係を結ぼうとしているようですし
    別のメンバーは笑顔と誠実さで接することを大切にしているようです。

    金太郎飴にならず、自分の個性や強みを仕事に出せるのがエイキで働く醍醐味だと思っています。
    エイキが目指す方向を社長が示し、社員一同がそれに納得しながら仕事ができている今が楽しいです。

 

 

子どもたちが元気でありますように

家族の子供たちもバーベキューに来てくれました。

20170808k05.JPG

覗いてみると、こんなものを作っていました。

20170808k06.JPG

自分の子供のころと変わらず、子供たちは何からでも物を創造できるようです。
懐かしく思うとともに嬉しく感じました。

さて、エイキでは「キャッチコピー」を作りました。

“For the next generation”


です。

「親から子 子から孫へ
 代々引き継いできた家屋を
 次の世代へと、新しい形に変えて引き継ぐためのスタート
 それが、これからの 解体工事 の役割だと思っています。」

という意味を込めています。

「人類が築き上げてきた文化」や「弱い人に寄り添う優しい心」を次世代につなげていきたいものです。

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

空き家についてのご相談は空き家レスキュー119番まで 。 

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!  

スポンサーリンク 
 

         

 

現場の声。営業の声。広報事業部がエイキ流の働き方を尋ねてみました。