7月末に防災・避難訓練を実施しました。

20170801s11

こんにちは!

富山県NO.1のアスベスト解体工事における実績、技術力を誇る有限会社エイキです!

有限会社エイキでは、7月末に消防訓練を実施しました。

今回は訓練の写真を交えて

もしも火災を発見したらどの様に対処すればいいのか

大まかな流れについて紹介します。

スポンサーリンク

消防訓練の実施ついて

消防訓練の目的は、有限会社エイキの施設等及び

人命の安全を確保することです。

火災や災害に備えて通報訓練を実施することで

有事の際に被害を最小限にとどめることができます。

今回は、エイキ本社の倉庫から火災が発生したものを想定して行いました。

火災を発見した場合の処置

【1】 火災を発見したらすぐ周囲の人に火災が発生したことを知らせ非常ベルを強く押します。

20170801s12

【2】 火災現場にいる人は、近くの消火器を使い初期消火します。

20170801s14u 

実際に、火災が発生すると焦ってしまい”叩いて”火を消そうとしますが

このような方法では、ほとんど対処できません。

火災を見つけたら速やかに近くの消火器を使って消火しましょう。

しかし消火器を使ったとしても、火災が進行していれば手に負えません。

消化できなかった場合は次のステップです。

【3】 初期消火に失敗したら直ぐに隊長に報告し消防署に119番通報します。  

本社の住所や火災の規模などを明確に消防隊へ連絡します。
本社の住所や火災の規模などを明確に消防隊へ連絡します。

【4】 けが人の確認と隊長への報告を行います。

誘導者は、従業員の避難誘導と逃げ遅れがないか人数を確認し

けが人等の確認などを行い隊長に報告します。  

避難中の様子
避難中の様子
消防隊に報告している様子。
消防隊に報告している様子。
社長の挨拶
社長の挨拶

社員全員が避難したあと災害事例のお話と

「日々の訓練が有事の際に非常に役立つ。

まずは人命を守ることを優先して落ち着いて行動してほしい。」

と社長からメッセージがありました。  

消火器の使用方法の講習

今回の訓練を企画していただいたテレ通の方から

消火器の使い方の講習を受けましたのでご紹介します。

消火器を使うには、まず上に付いている黄色いピンを抜きます。

そして、レバーを握りホースの先端を持ち目標物に放射します。  

20170801s14d 

燃えている物を見極め

手前からホウキで掃くようにホースを操作して消火します。

火が収まってきたら、火元に向かって確実に放射し鎮火します。

ちなみに握力に自信のない人は

消火器を地面に置いて真上からレバーに体重をかける。

この操作でも大丈夫なので

万が一の時にこの知識が役に立ちそうです。  

消火器を地面に置き上から体重をかける
消火器を地面に置き上から体重をかける

・・・・消火器の放射体験・・・・

この消火器は訓練専用なので、中には消火剤ではなく水が入っています。

目標物はあのピンク色の物体です。

( 「at home」さん 、「さまぁず」さん、大役ごめんなさい!! )

20170801s19s 20170801s21s

レバーを握るとノズルから水が勢いよく噴射!!

これだけの威力があれば火を鎮火させることが出来そうだと感じました。

みなさんも火災を見かけたら直ぐに消火器を使いましょう!

エイキでは防火訓練を定期的に行います

火災というものは「いつ」「どこで」

発生するかわかりませんので

エイキではこのような防災訓練を定期的に行っています。

最近、天ぷらの油をゴミ袋に入れてゴミに出した際に

直射日光で発火し、死亡事故に発展した例も報告されています。

エイキにある分別ヤードでは時に液体を扱うこともあるので

そういったものは全て適切に処分して安全性を確保して

作業にあたるよう注意の呼びかけがされました。

皆さまも火災などの事故には注意して日々の生活を送りましょう!

 
 

解体作業も事前の安全確認の徹底が肝心です。

これからも社員一同、

皆さまのお役に立てるよう気を引き締めて参りますので

末永く、エイキをお願いいたします。

解体についてのお困りごとやご相談はどうぞお気軽に!

 

フリーダイヤル 0120-720-252

メールでのお問い合わせはこちらをクリック!

有限会社エイキは「日本で一番」清潔感のある、さわやかな解体業者を目指しております!!

スポンサーリンク

7月末に防災・避難訓練を実施しました。